ファッション
連載 本明秀文のノットスニーカーライフ

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「ハイプがハイプじゃない」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。「サカイ(SACAI)」による「ジャンポール・ゴルチエ(JEAN PAUL GAULTIER以下、ゴルチエ)」のショーで、スニーカーフリークを釘付けにしたのはやっぱり足元の「ナイキ(NIKE)」×「サカイ」×「ゴルチエ」のスニーカーだった。「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」×「ナイキ」の発表に続き、こちらも発売が待ち遠しいけど、一方で従来の“ハイプスニーカー”(市場で人気があり、熱狂を生むスニーカーのこと)の人気にかげりが見えはじめているとか。(この記事はWWDジャパン2021年7月12日号からの抜粋です)

本明秀文社長(以下、本明):スニーカーブームが落っこちてきたね。売り上げ云々じゃなく、二次流通で値段がつかなくなってきている。僕たちスニーカー業界も“シュプリーム状態”になってきた。原因は確実に、中国人が「ナイキ」を買わなくなってきたことにある。

WWDJAPAN(以下、WWD):中国では今、「ナイキ」の代わりに何が売れているんですか?

本明:中国国内では中国ブランドの「リーニン(LI-NING)」や「アンタ(ANTA)」がめちゃめちゃ売れているんだそう。「ナイキ」も「中国を応援しているよ」とは言うけど、もともと愛国心が強い国民性だから、自国のブランドに嗜好が向いてきた。日本人にとっての「ミズノ(MIZUNO)」や「アシックス(ASICS)」みたいな存在だね。

WWD:日本でも昔から「中国製は粗悪品」「“メイド・イン・ジャパン”は良いもの」という思い込みがありますよね。

本明:そうだね。でも実際には今の中国の技術ってハンパないほど進化している。自分たちで空母や量子コンピューター、半導体を作っているし、スマートフォンなどに不可欠なレアアースも中国からの輸入に頼っているからね。

この続きを読むには…
残り1056⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。