ファッション

SNS界のマルジェラ?! ぼく脳って誰だ?

有料会員限定記事

「芸人にとってベストな発表の場はファッションショーだ」。――そう語るのは芸人・パフォーマーのぼく脳だ。ぼく脳は、「ダメージを受けすぎて死んだダメージデニム」や「値札とバッグが逆転したバッグ」など、奇想天外なファッションアイテムをSNSを中心にドロップし、話題を集めている。そのユーモアとセンスは、一部では“SNS界のマルジェラ”との評価を得ているとか、いないとか………。

WWD:キャリアのスタートは?

ぼく脳:高校卒業後、先輩に誘われて吉本興業に入りました。結局その先輩は鍼灸の資格を取るので吉本には来ず、1人で活動することになりました。1年ほど芸人として活動した後はインターネットで漫画を描いたり、バンド活動をしたりもしました。バンドのメンバーは約20人で楽器はサックスのみ。パソコンで打ち込みを流して、ほかのメンバーはテキトーに騒ぐみたいな結構過激なやつです(笑)。でも、比較的大きなフェスにも出演しましたよ。

WWD:アーティスト名“ぼく脳”の由来は?

ぼく脳:確か「ミクシー」の名前を決めようと思った日に、たまたま「ぼくの脳を返して」という本が手元にあり、そこから取りました。特に深い意味はありません。そろそろ変えたいです。

WWD:服を作りはじめたきっかけは?

ぼく脳:20歳ごろから芸人のグッズとしてTシャツを作り始め、ツイッターや展示会などで販売していました。僕の作品は、あるあるネタを裏切るものが多いので、特に服は裏切りやすく、面白いものが作りやすい。この前、「バレンシアガ(BALENCIAGA)」が「グッチ(GUCCI)」のバッグに“This Is Not a Gucci Bag”と描いたバッグを発表しました。僕はそのバッグをトートバッグにプリントして、“This Is Not a Balenciaga Bag”と上から書いてオリジナルのバッグを作りました。なんでファッションの人ってこんなにボケるのが上手なんだろうって思います。

この続きを読むには…
残り1504⽂字, 画像7枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら