ファッション

「G-SHOCK」初のカスタマイズサービス“マイG-SHOCK”が10月20日に実装

 カシオ計算機の「G-SHOCK」は、ブランド初となるカスタマイズサービス“マイG-SHOCK(MY G-SHOCK)”を10月20日に公式ホームページ上でスタートする。6億5800万通り以上の組み合わせが可能で、組み立ては国内工場の山形カシオで行う。納期は3~5週間で、価格は1万5400円(送料込み)~。

 ベースとするのはスクエアデザインの“DWE-5600”シリーズで、ユーザーはベゼル、文字盤、バンド、バックル、ループで好きな色を選ぶ。カラーの中には限定色もあり、初回はファーストイエロー、ファーストグリーン、ファーストブルーの3色を用意する。ブランド担当者は、「今後は季節ごとに色や柄を追加していきたい」と話す。また、ユーザーが迷わないよう“デザイナーズレコメンド”と呼ぶ既成4モデルも用意し、そのまま購入することもでき、それをベースに色をアレンジすることもできる。

 ブランド担当者は「“マイG-SHOCK”のために、開発から販売までのフローを1年半かけて、いちから作った」と苦労について語り、展望については「一人ひとりに新たな価値を届けたく、お客さまと『G-SHOCK』を共作したい。カスタムが当たり前となり、SNSなどを通じてブランドとファン、またファン同士がコミュニケーションを深めてもらえたらと思う」と続けた。

 最後に、“MR-G”など上位ラインへの導入は?と問うと、「まだスタートラインに立ったばかりで、現状は考えていない」と答えた。

 「G-SHOCK」は1983年に誕生。耐衝撃性をアイデンティティーとし、世界中にファンを抱える時計ブランドだ。

※実際のサイトとは一部表示が異なる場合があります

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら