ファッション

「G-SHOCK」初のカスタマイズサービス“マイG-SHOCK”が10月20日に実装

 カシオ計算機の「G-SHOCK」は、ブランド初となるカスタマイズサービス“マイG-SHOCK(MY G-SHOCK)”を10月20日に公式ホームページ上でスタートする。6億5800万通り以上の組み合わせが可能で、組み立ては国内工場の山形カシオで行う。納期は3~5週間で、価格は1万5400円(送料込み)~。

 ベースとするのはスクエアデザインの“DWE-5600”シリーズで、ユーザーはベゼル、文字盤、バンド、バックル、ループで好きな色を選ぶ。カラーの中には限定色もあり、初回はファーストイエロー、ファーストグリーン、ファーストブルーの3色を用意する。ブランド担当者は、「今後は季節ごとに色や柄を追加していきたい」と話す。また、ユーザーが迷わないよう“デザイナーズレコメンド”と呼ぶ既成4モデルも用意し、そのまま購入することもでき、それをベースに色をアレンジすることもできる。

 ブランド担当者は「“マイG-SHOCK”のために、開発から販売までのフローを1年半かけて、いちから作った」と苦労について語り、展望については「一人ひとりに新たな価値を届けたく、お客さまと『G-SHOCK』を共作したい。カスタムが当たり前となり、SNSなどを通じてブランドとファン、またファン同士がコミュニケーションを深めてもらえたらと思う」と続けた。

 最後に、“MR-G”など上位ラインへの導入は?と問うと、「まだスタートラインに立ったばかりで、現状は考えていない」と答えた。

 「G-SHOCK」は1983年に誕生。耐衝撃性をアイデンティティーとし、世界中にファンを抱える時計ブランドだ。

※実際のサイトとは一部表示が異なる場合があります

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。