ファッション

「G-SHOCK」のカシオが新作発表の場として特設サイトを新設

 カシオ計算機は9月24日から30日まで、新作発表の場として特設サイト「CASIO 2020 AUTUMN & WINTER WATCH COLLECTION」をメディア向けに公開する。樫尾和宏社長は「ウィズコロナ時代の新たな試み。リアルな展示会さながらに情報を提供したい」と話す。

 同社の持つ「G-SHOCK」「BABY-G」「オシアナス(OCEANUS)」「プロトレック(PRO TREK)」「エディフィス(EDIFICE)」「シーン(SHEEN)」の2020年秋冬の新作情報に加えて、各ブランド担当者のインタビュー動画も公開する。画像や資料もダウンロードでき、24、25日には開発担当者によるウェビナーをZoomで開催する。特に25日15時からは登山家の竹内洋岳をゲストに迎え、「プロトレック」開発担当者と共にトークセッションを行う。いずれのウェビナーでも質疑応答の時間を設ける。

 カシオ計算機は例年2月と9月に国内で展示会を行っており、今回の特設サイト開設は9月の展示会に代わるもの。広報担当者は「次の2月については未定。社会状況を見ながら判断する。また今後は英語などによるグローバル版の公開も想定する」と述べた。

 同社はこれまで、スイスで開催される世界最大の時計見本市「バーゼル・ワールド(BASEL WORLD)」に出展してきたが、コロナショックとは関係なく2020年は不参加を決定していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら