ファッション

「バーゼル・ワールド2021」の中止を運営会社MCHグループが正式発表

 世界最大の時計見本市「バーゼル・ワールド(BASEL WORLD)」の運営会社であるMCHグループは、2021年1月28日〜2月2日の日程で開催予定だった「バーゼル・ワールド2021」の中止を発表した。「バーゼル・ワールド2021」は、4月30日~5月5日の開催予定だったが新型コロナウイルス感染拡大の影響で“延期”された「バーゼル・ワールド2020」の代替イベントだった。

 同見本市をめぐっては4月14日、「ロレックス(ROLEX)」「パテック フィリップ(PATEK PHILIPPE)」「シャネル(CHANEL)」「ショパール(CHOPARD)」「チューダー(TUDOR)」の5ブランドが脱退を表明。これを受けて、LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下の「タグ・ホイヤー(TAG HEUER)」「ウブロ(HUBLOT)」「ゼニス(ZENITH)」も「バーゼル・ワールド2021」への不参加を発表。同じくLVMH傘下の「ブルガリ(BVLGARI)」は、すでに2月に同見本市からの離脱を宣言していた。

 「バーゼル・ワールド」は1917年に産業見本市としてスタート。スイスの基幹産業である時計を代表する「ロレックス」など主要ブランドの脱退により実質的に破綻していたが、運営会社であるMCHグループが正式に中止を発表したことで明確にピリオドが打たれた。

 「バーゼル・ワールド」の今後については、ミシェル・ロリス・メリコフ(Michel Loris Melikoff)=マネジングディレクターが「夏までに新たな枠組みとスケジュールについて情報を提供したい」と述べ、ベルント・スタッドルウィーザー(Bernd Stadlwieser)=MCHグループ最高経営責任者が「われわれは、これを機に『バーゼル・ワールド』の未来に完全にフォーカスできる」と話すが、主要ブランドなき「バーゼル・ワールド」に誰が注目するのかは、はなはだ疑問だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。