ビジネス

ワールドがマスクと医療用ガウンの生産開始 政府と自治体、個人に販売

 ワールドは新型コロナウイルス対策支援として、マスク3種類と医療用ガウンの販売を発表した。マスクは個人を中心に販売し、医療用ガウンは日本政府と自治体に販売する予定だ。

 マスクは、不織布のサージカルマスク(50枚、2500円)、国内自社工場で生産の布マスク(大人用1500円、キッズ用1300円、幼児用1200円)、銀イオン加工の布マスク(大人用900円、キッズ用800円)の3種類。サージカルマスクは中国で1500万枚、国内自社工場製の布マスクは30万枚、銀イオン加工の布マスクはタイで10万枚を7月までに生産する予定。販売は5月中旬に受け付けを開始する予定で、「ワールドプレミアムクラブ」会員に優先的に販売する。

 医療用ガウンは、日本政府の要請に応じて生産を決定した。国内6カ所の自社工場を中心に9月末までに150万着を生産し、日本政府に優先的に販売する。その後、自治体にも販売する予定で、兵庫県と神戸市がすでに発注している。

 そのほかの大手アパレルでは、すでにTSIホールディングスが、米沢・宮崎工場での医療用ガウン生産に5月中にも着手することを発表している。三陽商会も福島工場「サンヨー・インダストリー」で介護施設向けにマスクを製作しているほか、医療用ガウンの生産着手を決定している。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら