ファッション

「ニューバランス」が米国工場でマスク製造 週10万ユニットを目指す

 ニューバランス・アスレチック・インコーポレイテッド(NEW BALANCE ATHLETICS, INC.)はアメリカ国内におけるマスク需要の急増を受けて、アメリカ国内にある5つの自社工場のうち2つの工場で医療用のフェイスマスクの開発および製造を開始した。

 地元の医療機関や研究開発機関と協議し、フェイスマスクのプロトタイプを1週間で製造。マサチューセッツ州ローレンス工場とメイン州ノーリッジウォッグ工場で4月中旬までに、週に合わせて最大10万ユニットの製造を目指す。なお、マスクの供給はアメリカ国内のみを予定している。 またマスクに加えて、ガウンやフットカバーなどの個人用保護具の製造も行う。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら