ファッション

H&Mが感染防護具を供給へ ファスト生産のノウハウ活用 現在7割近くの店舗が休業中

 H&Mヘネス・アンド・マウリッツ(H&M HENNES & MAURITZ以下、H&M)は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、病院および医療従事者に提供するための防護具の生産に乗り出す。現在、同社サプライチェーンで製造するための手配を急ピッチで進めている。

 ヘレナ・ヘルマーソン(Helena Helmersson)最高経営責任者はニーズの把握と支援提供を打診するためにEUとコンタクトを取り、直ちに医療従事者のための個人防護具の製造準備を開始した。広範にわたる購買関連のオペレーションや物流能力を持つ自社のサプライチェーン機能を活用して、EUやWHOからの要望に見合った防護具を可能な限り早い納入を目指す。同社のサプライチェーンの約8割はアジアにあり、現在マスクや防護服、手袋といった防護具をどの工場で生産するかを精査している。加えて、安全性を担保するためにEUと綿密に協議も行っており、供給に時間を要しているという。供給はEUだけではなく全世界に向けて行われる。

 同社のアンナ・ゲッダ(Anna Gedda)=サステナビリティ統括責任者は「コロナウイルスは私たち一人ひとりに劇的に影響を及ぼしており、私たちは多くの他の組織と同様、この異常事態に対して全力を尽くしている。この取り組みは、私たちができ得る支援の第一歩であると捉えている。私たちは皆この状況に共に身を置き、可能な限り力を合わせて取り組まなければならない」とコメントを発表した。

 なお、同社は全世界に5062店舗を展開しているが、7割近い3441店舗が新型コロナウイルスの影響で臨時休業中だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら