ニュース

「ブルガリ」が新型コロナのワクチン開発支援 ローマの病院に寄付

 「ブルガリ(BVLGARI)」は中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染拡大を受け、イタリア・ローマのラザロ・スパランツァーニ(Lazzaro Spallanzani)病院の研究部門へ寄付を行った。寄付金額は非公開としている。

 同病院の研究者のマリア・ロザリア・カポビアンキ(Maria Rosaria Capobianchi)、フランチェスカ・コラヴィータ(Francesca Colavita)、コンチェッタ・カスティレッティ(Concetta Castilletti)の3人は、ヨーロッパで初めてウィルス構造の分離に成功したほか、チームは感染後48時間以内のコロナウイルスに対し、開発中のワクチンの効果を確認した。同病院は「ブルガリ」の寄付により最先端の顕微鏡画像取得システムを導入し、ウイルス感染の予防と治療研究を推し進める。研究は中国でスタートし、最先端のツールを利用して開発を進めている。

 ジャン・クリストフ・ババン(Jean Christophe Babin)=ブルガリグループ最高経営責任者(CEO)は「私たちの貢献がアンチウイルス治療のスピードアップに役立つことを願っている。また、この驚異的な進歩を遂げた地元のラザロ・スパランツァーニの科学チームに協力できることを誇りに思う」とコメントを寄せた。