ファッション

「ブルガリ」が新型コロナのワクチン開発支援 ローマの病院に寄付

 「ブルガリ(BVLGARI)」は中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染拡大を受け、イタリア・ローマのラザロ・スパランツァーニ(Lazzaro Spallanzani)病院の研究部門へ寄付を行った。寄付金額は非公開としている。

 同病院の研究者のマリア・ロザリア・カポビアンキ(Maria Rosaria Capobianchi)、フランチェスカ・コラヴィータ(Francesca Colavita)、コンチェッタ・カスティレッティ(Concetta Castilletti)の3人は、ヨーロッパで初めてウィルス構造の分離に成功したほか、チームは感染後48時間以内のコロナウイルスに対し、開発中のワクチンの効果を確認した。同病院は「ブルガリ」の寄付により最先端の顕微鏡画像取得システムを導入し、ウイルス感染の予防と治療研究を推し進める。研究は中国でスタートし、最先端のツールを利用して開発を進めている。

 ジャン・クリストフ・ババン(Jean Christophe Babin)=ブルガリグループ最高経営責任者(CEO)は「私たちの貢献がアンチウイルス治療のスピードアップに役立つことを願っている。また、この驚異的な進歩を遂げた地元のラザロ・スパランツァーニの科学チームに協力できることを誇りに思う」とコメントを寄せた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら