ファッション

LVMHが香水とコスメの生産ラインで殺菌ジェル生産へ 医療機関などに無償提供

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON 以下LVMH)は、フランス国内の新型コロナウイルス感染拡大を受け、同社の工場でハンドサニタイザーを生産し、パリ市内の病院をはじめとする国内の医療機関に無償で提供することを発表した。

 LVMHは3月15日(現地時間)に、「フランス国内で水性アルコールジェル不足の恐れが浮上したことを受けて、(会長兼最高経営責任者の)ベルナール・アルノー(Bernard Arnault)はLVMHパフューム&コスメティクス事業に対して、公的機関に提供できるだけの量を生産する態勢を整えるよう指示した」と発表した。

 LVMHは16日から生産に入るという。使用されるのは「ディオール(DIOR)」や「ゲラン(GUERLAIN)」「ジバンシイ(GIVENCHY)」などの生産ラインが含まれる。

YU HIRAKAWA:幼少期を米国で過ごし、大学卒業後に日本の大手法律事務所に7年半勤務。2017年から「WWDジャパン」の編集記者としてパリ・ファッション・ウイークや国内外のCEO・デザイナーへの取材を担当。同紙におけるファッションローの分野を開拓し、法分野の執筆も行う。19年6月からはフリーランスとしてファッション関連記事の執筆と法律事務所のPRマネージャーを兼務する。「WWDジャパン」で連載「ファッションロー相談所」を担当中

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら