ファッション

LVMHが香水とコスメの生産ラインで殺菌ジェル生産へ 医療機関などに無償提供

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON 以下LVMH)は、フランス国内の新型コロナウイルス感染拡大を受け、同社の工場でハンドサニタイザーを生産し、パリ市内の病院をはじめとする国内の医療機関に無償で提供することを発表した。

 LVMHは3月15日(現地時間)に、「フランス国内で水性アルコールジェル不足の恐れが浮上したことを受けて、(会長兼最高経営責任者の)ベルナール・アルノー(Bernard Arnault)はLVMHパフューム&コスメティクス事業に対して、公的機関に提供できるだけの量を生産する態勢を整えるよう指示した」と発表した。

 LVMHは16日から生産に入るという。使用されるのは「ディオール(DIOR)」や「ゲラン(GUERLAIN)」「ジバンシイ(GIVENCHY)」などの生産ラインが含まれる。

YU HIRAKAWA:幼少期を米国で過ごし、大学卒業後に日本の大手法律事務所に7年半勤務。2017年から「WWDジャパン」の編集記者としてパリ・ファッション・ウイークや国内外のCEO・デザイナーへの取材を担当。同紙におけるファッションローの分野を開拓し、法分野の執筆も行う。19年6月からはフリーランスとしてファッション関連記事の執筆と法律事務所のPRマネージャーを兼務する。「WWDジャパン」で連載「ファッションロー相談所」を担当中

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら