ニュース

「ルイ・ヴィトン」が防護服生産を開始 パリの病院に提供

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は新型コロナウイルス感染拡大を受け、医療用ガウン(防護服)を生産すると発表した。

 4月10日にパリのアトリエで生産を開始し、パリ公立病院連合の6つの病院に無償で提供する。生産には連合公認の生地とパターンを使用。現在はボランティアによる手作業だが、自動裁断機の導入により14日以降は生産量が増える見込みだ。

 マイケル・バーク(Michael Burke)会長兼最高経営責任者は「私たちにできる方法で医療従事者を支えられることを誇りに思う」と述べた。なお、「ルイ・ヴィトン」はフランス国内にある皮革製品の生産拠点などでマスクの生産も行うと発表している。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら