ファッション

「ルイ・ヴィトン」が防護服生産を開始 パリの病院に提供

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は新型コロナウイルス感染拡大を受け、医療用ガウン(防護服)を生産すると発表した。

 4月10日にパリのアトリエで生産を開始し、パリ公立病院連合の6つの病院に無償で提供する。生産には連合公認の生地とパターンを使用。現在はボランティアによる手作業だが、自動裁断機の導入により14日以降は生産量が増える見込みだ。

 マイケル・バーク(Michael Burke)会長兼最高経営責任者は「私たちにできる方法で医療従事者を支えられることを誇りに思う」と述べた。なお、「ルイ・ヴィトン」はフランス国内にある皮革製品の生産拠点などでマスクの生産も行うと発表している。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら