ファッション

「りんくうプレミアム・アウトレット」は抜群のロケーションと充実したMD 接客も好感触 連載「ミステリーショッパーが行く!」

有料会員限定記事

 百貨店からショッピングセンター、個店、ECまで、さまざまなショップを覆面調査員がリポートする連載「ミステリーショッパーが行く!」。今回は、三菱地所・サイモンが2000年にオープンしたアウトレット施設「りんくうプレミアム・アウトレット」を調査。昨年8月、大阪湾に臨む“シーサイドエリア”や芝生広場などを増設し、施設全体で約250店舗、売り場面積約5万100㎡を誇る。「スノーピーク」の宿泊施設など、アウトドアテナントに強いのも特徴だ。数年ぶりにアウトレットに訪れた調査員たちはどう評価する?

■今回の担当調査員
野田肇(26):広告代理店勤務。営業として都市型SCの広告立案や販促を経験し、現在は百貨店・SCのマーケティングに携わる。学生時代からヨーロッパの古着が大好きで、将来の夢は古着屋の経営

黒田朱里(38):広告代理店出身。結婚と同時に大阪へ転居。現在はマネジメント業を営み、東京と大阪でのデュアルライフを送っている。関西に来てから百貨店ファンに。買い物は、とことん吟味してから買う慎重派

調査日時:黒田2021年9月11日(土)11:00~ 曇り 25℃、野田2021年9月20日(月)14:00~ 晴れ 27℃
ILUUSTRATION:ERI KOJIMA

【環境・施設】

野田:まず敷地面積の広さに驚きました。メインサイドエリアの店を回るだけでも1時間はかかり、シーサイドエリアまでしっかり楽しむには丸1日かかります。

黒田:同施設の開業は2000年で、アウトレットブームの真っただ中。ブームの発端となったアメリカの文化を建築から感じます。

野田:既存エリアは階段やトイレなどには経年劣化が見られました。でも、昨年できたシーサイドエリアは当然きれい。既存エリアとの統一感を残しながら、新しさを感じるデザインです。海を眺めて休憩できるスポットがすてきでした。

この続きを読むには…
残り1102⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら