ファッション

ミステリーショッパーが行く! 2020年座談会 ECが大躍進 問われるリアル店舗の存在意義

有料会員限定記事

 2020年は「ニュウマン横浜」や「新風館」など話題をさらった施設が多く誕生したが、コロナ禍で実店舗の調査数は例年より減り、EC編の調査が増えた。「ユニクロ オンラインストア」やアダストリアの「ドットエスティ」など80点の大台に乗せるサイトが多数。リアル店舗では「リーバイス 原宿 フラッグシップストア」や「イケア原宿」などブランドの世界観や独自サービスを確立する店舗が存在感を示した。(この記事はWWDジャパン2020年12月21・28日号からの抜粋です)

野田肇(26歳 関西担当 以下、野田):86点を獲得しEC編1位となった「ユニクロ オンラインストア」は、トップ画面の情報量が多いもののきれいに整理されており、デザインもオシャレ。リアル店舗よりも購買意欲がかき立てられました。素材やシリーズ名でも検索でき、目的のアイテムにすぐにたどり着けます。

鍵本美里(33歳 関東担当 以下、鍵本):私はトップの情報が多くて少し混乱してしまいました。好みが分かれそうですね。アイテムのサイズが合わなかったときに実店舗で交換申し込みができ、商品在庫が店頭にある場合はすぐに対応してくれるのがうれしい。多店舗のスケールメリットが生かされています。

古谷瞳(37歳 EC&関東担当 以下、古谷):クリスマスギフトやアウターの特集、「ユニクロ ユー」のバナーなど、分かりやすい切り口のバナーが調査時よりも増えたほか、動画コンテンツのボリュームも増してより見応えのあるサイトになっていました。

この続きを読むには…
残り5188⽂字, 画像7枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら