ファッション

「バーニーズ」「ブルックス ブラザーズ」親会社CEOが語る 次の買収計画と今後の展望

有料会員限定記事

 ブランド開発、マーケティング、エンターテインメント事業などを担うブランドマネジメント企業のオーセンティック・ブランズ・グループ(AUTHENTIC BRANDS GROUP以下、ABG)のジェイミー・ソルター(Jamie Salter)会長兼最高経営責任者(CEO)は、この10年間で30以上のブランドを買収しており、2020年は「バーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK以下、バーニーズ)」「フォーエバー21(FOREVER 21)」、米「ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)」を傘下に収め、扱いブランド全体の小売売上高は140億ドル(約1兆4420億円)に到達する勢いだ。

 「リーボック(REEBOK)」の買い手としても有力視されているABGのソルターCEOに、買収先として注目度の高い企業や今後の展望について米「WWD」がインタビューを実施した。

WWD:今年は忙しかったと思うが、見込みのある買収先をどのように評価しているか。また買収を実行する際、どういった点に注目しているか?

ソルターCEO:案件によって多少扱いは異なるが、ABGではエンターテインメントとライフスタイルの2分野に重点を置いている。世界各地でさまざまな分野での事業拡大が見込めるグローバルブランドであることを重視している。

WWD:今年いくつかの案件を共にした不動産投資信託会社、サイモン・プロパティー・グループ(SIMON PROPERTY GROUP以下、サイモン)や不動産開発会社のブルックフィールド・プロパティー・パートナーズ(BROOKFIELD PROPERTY PARTNERS以下、ブルックフィールド)とは常に共同で動くつもりか?

ソルターCEO:最近では「フォーエバー21」や「ブルックス ブラザーズ」、ロサンゼルス発のジーンズブランド「ラッキー ブランド(LUCKY BRAND)」などの買収で関わりを持つことが多かったが、常に連携するわけではない。この3ブランドには小売りの要素があり、ブルックフィールドとサイモンは米国のAクラスのショッピングモールの半分以上をコントロールしていることもあって、単独で戦略を練るのは難しいと考えた。

この続きを読むには…
残り5131⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら