ファッション

ラオックスがバーニーズ ジャパンを買収

 ラオックスホールディングスはバーニーズ ジャパンの全株式を取得し、子会社化する。バーニーズ ジャパンの高いブランド力とラオックスグループにおけるインバウンド事業のノウハウ等を活用することの相乗効果による、バーニーズ ジャパンの売り上げ拡大や海外向けEC、貿易輸出等の事業領域の拡大が見込めると、今後の成長ポテンシャルを評価した。5月1日にセブン&アイ・ホールディングスが全株式を譲渡する。金額は非公表。

 バーニーズ ジャパンは1989年に伊勢丹(現三越伊勢丹ホールディングス)が米バーニーズ ニューヨークと業務提携し、子会社として設立。翌年に新宿に1号店を構えた。2006年に住友商事と東京海上キャピタル系の投資会社へ譲渡。2013年にセブン&アイ・ホールディングスが東京海上キャピタル系の投資会社から、15年に住友商事から株式を取得して完全子会社化していた。23年2月末現在、旗艦店6店舗、アウトレット4店舗のほか、国内ECサイトを運営する。23年2月期(監査前)の売上高は前期比10.0%減の127億1100万円、営業損失は前期の18億5400万円から5億5100万円に縮小していた。

 米バーニーズ ニューヨークは、1923年にバーニー・プレスマンがマンハッタンの7番街17丁目に創業。新進ブランドやデザイナーを多く発掘し、スペシャリティーストア(専門店)として世界的に知られたが、96年に連邦倒産法第11章の適用を申請。2019年に再度破綻し、現在はオーセンティック・ブランズ・グループの傘下にある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。