ファッション

「イケア」が渋谷にオープン 世界初のビストロや人気のフードマーケットも

 スウェーデン発「イケア(IKEA)」は11月30日、都心2店舗目を東京・渋谷に出店する。地上7階約4800平方メートルの同店舗は、日本撤退した「フォーエバー21(FOREVER21)」の跡地で駅近だ。同店舗には19種類の売り場があり、3100点を展示、オンラインの商品を合わせると約9500点を販売する。そのうち1800点は当日持ち帰りが可能だ。

 渋谷店では、世界初のベジドッグ専門スウェーデンビストロがオープン。10種類のメニューのうち6種類がプラントベースで、各メニューには“ストックホルム”などスウェーデンの都市名が付けられている。また、都市型店舗では初のスウェーデンフードマーケットもあり、人気のミートボールなどの食品を販売する。来年には7階にレストランがオープン予定だ。渋谷店限定品として、おなじみのショッピングバッグ“フラクタ”素材で作られた帽子を販売する。開業日前日の29日、21時からオンライン順番受付サイトで整理券を発行する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら