ファッション

「なんばパークス」は建築とバランス型MDが魅力 色のある店も必要か 連載「ミステリーショッパーが行く!」

有料会員限定記事

 百貨店からショッピングセンター、個店、ECまで、さまざまなショップを覆面調査員がリポートする連載「ミステリーショッパーが行く!」。今回は、南海電気鉄道が運営する大阪・難波の「なんばパークス」を調査。1〜9階、5万1800平方メートルにファッション、インテリア、コスメ、飲食、映画館まで約250店舗が入る複合商業施設だ。階段状の屋上庭園「グリーンパーク」をはじめとした建築も特徴。(この記事はWWDジャパン2021年7月26日号からの抜粋に加筆しています)

■今回の担当調査員
野田肇(26):広告代理店勤務。営業として都市型SCの広告立案や販促を経験し、現在は百貨店・SCのマーケティングに携わる。学生時代からヨーロッパの古着が大好きで、将来の夢は古着屋の経営

黒田朱里(38):広告代理店出身。結婚と同時に大阪へ転居。現在はマネジメント業を営み、東京と大阪でのデュアルライフを送っている。関西に来てから百貨店ファンに。買い物は、とことん吟味してから買う慎重派

ILUUSTRATION:ERI KOJIMA
調査日 黒田調査員2021年6月9日(水)14:30~ 晴れ 22℃ 野田調査員2021年6月11日(金)11:00~ 晴れ 27℃

【環境・施設】

野田:南海電鉄なんば駅直結。近くに高島屋大阪店やなんばシティ、なんばスカイオなどがある買い物激戦区です。

黒田:流線型でオレンジの外壁がいつ見ても斬新。公園も備えていて、ちょっとしたテーマパークみたい。

野田:建築のワクワク感はエリア随一かもしれません。施設内の通路幅は広くとられていてショップをゆったりと回れます。エレベーターやスロープも完備しているから、ベビーカーも難なく使えます。

黒田:大きなキッズエリアもあるし、家族連れも安心ですね。

野田:共有スペースにはベンチやソファがたくさん置かれていましたね。

黒田:1〜9階の大きな施設ですが、無理なく楽しめます。各階に植栽があって、都会のオアシスみたいでした。

【接客・サービス】

この続きを読むには…
残り1081⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら