ファッション

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「渋谷区原宿」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。“スニーカーカルチャーは原宿で生まれた”のは有名な話だが、その原宿のある渋谷区には、世界的なスニーカーショップがいくつもある。都市に限ったことかと思いきやそうでもなく、世界同時ブームが起こるのがスニーカーの面白いところ。東京でも地方でも同じスニーカーを履いている。最近、イベントで地方店を巡ることが多くなった本明社長が、次に考えていることとは?(この記事はWWDジャパン2021年11月22日号からの抜粋です)

本明秀文社長(以下、本明):先日、渋谷未来デザインが主催する「ソーシャルイノベーションウィーク渋谷2021」に参加した。「メルカリ」のタモさん(田面木宏尚メルカリジャパンCEO)と「#FR2」の涼君(石川涼せーの社長)、「スニダン」の内山君(内山雄太SODA社長)、(寺門)ジモンさん、DJのLicaxxx、うちの小島(奉文「アトモス」ディレクター)をゲストに、スニーカートークをライブ配信したんだ。このイベントは、渋谷区がサポートする産官学民のプログラムなんだよ。

――なぜ、渋谷区とスニーカーなんですか?

この続きを読むには…
残り1183⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら