ファッション

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「ビンテージの世界」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。スニーカーブームの中で、今ビンテージスニーカーが世界的に注目を集めている。価値あるものは数千万円で取引されることも。今回は、ブランド古着屋「ベクトルパーク(VECTOR PARK)」を運営するベクトルの村川智博社長がゲスト。村川社長は、ちまたで“ジョーダン村川”と呼ばれるほどのビンテージスニーカーのコレクターだ。そんな二人がビンテージスニーカー市場をぶった斬る。(この記事はWWDジャパン2021年10月4日号からの抜粋です)

本明秀文社長(以下、本明):「ベクトルパーク」 は、中途半端じゃない?今のファッション業界はスニーカーならスニーカーだけとかデニムならデニムだけとか、何かに特化した店じゃないとうまくいかない。

村川智博社長(以下、村川):うまくいってないわけじゃないんですけど、1000円から100万円までの商品を扱っていてマスを取ろうとしちゃってますよね……。だから11月にスニーカー専門店を原宿に開こうと思ってます。半分は珍しいスニーカーを展示しようかと。

本明:村川君がすごいのは、マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)のサイン入りスニーカーをいっぱい持っていること。今ジョーダンはサインしないし、手に入れるのは難しいよ。何足ぐらい持ってるの?

村川:20〜30足持っています。サインにも一つ弱点があって、年数がたつと消えるんですよね。モノによっては水性ペンで書いているので見えなくなる。証明書が残っているので価値はあるんですが。サインよりジョーダンが実際に試合で履いた靴の方が10倍ぐらい高いので、それも集めています。僕は本質的に値段が上がりそうなものが好きですね(笑)。

――今スニーカーは投機と言われますが、もう投資レベルですよね。スニーカーは時間を置けば値が上がりますか?

この続きを読むには…
残り848⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら