ファッション

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「王者の誤算」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。リリースや販売数の多さから二次流通でのスニーカーの価格が落ち着き、“にわか転売ヤー”がスニーカー市場から離れると、レアスニーカーのリストック(再販売)が増えて、ちまたでは「スニーカーブームは終わった!?」ともささやかれている。とはいえスニーカー屋のサイクルは早く、止まれない。原因を究明し、早々に次の手を打ちたい本明社長が気付いた“あのブランド”の誤算とは?(この記事はWWDジャパン2021年9月20日号からの抜粋です)

本明秀文社長(以下、本明):先日発売した「ナイキ(NIKE)」の“AJ KO 1”は世界的にはあまり人気がないみたいなんだけど、日本では最近の抽選販売の中で応募数が一番多かった。日本の市場は、海外と比べてもちょっと独特なんだよね。

――そうなんですね。それを聞くと、まだまだ「ナイキ」の根強い人気を感じます。

本明:「ナイキ」は何が問題かというと、サイズバランスなんだ。今はリリースも多いし1型あたりの販売数もかなり増えている。だからおそらく、人の手で決められなくなっていて、過去のデータからAIがサイズごとの発注数を勝手に決めている。それが良くない。

この続きを読むには…
残り1120⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら