ファッション

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「リストックの嵐」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。手軽に二次流通でスニーカーを売れるようになり、誰でも転売ヤーになれる時代。とりあえず、スニーカーに手を出して買ったはいいものの、最近は定価以上で売れずに泣く泣く“損切り”する人も増えてきた。損切りしたくなければキャンセルや返品をするしかないのだけど、その分は後日リストック(再入荷)として販売される。今回はリストックから分かるスニーカー市場の話。(この記事はWWDジャパン2021年9月6日号からの抜粋です)

本明秀文社長(以下、本明):「ナイキ(NIKE)」は最近、自分たちのECで量を売り過ぎて売り切れなくなってきたよね。

――今日もちょうど朝からリストックしていますね。「アンストリート(UNSTREET)」というアプリなんですけど、「SNKRS(スニーカーズ)」にリストックされる度に通知が届くんです。

本明:すごいね。この2時間で30件ぐらいリストックしている。毎日通知が来るの?

――はい、毎日来ます。ほかにも類似のサービスはたくさんあるみたいですけど。

本明:今、スポーツブランドのアパレルが売れない。「ナイキ」もアパレルが売れないからその分をスニーカーで補填する。そのスニーカーの中にも売れ筋とそうじゃないものの2種類があって、これまで売れ筋はブランディングのために数量を絞っていたんだけど、今は売り上げを作るために売れ筋をいっぱい積んでいる。小売りに卸す前に先行販売で売ったり、国内で万足単位の数量を売ったりしているんじゃないかな。

この続きを読むには…
残り1027⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら