ファッション
連載 本明秀文のノットスニーカーライフ

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「反省、反省、反省」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。目玉商品を乱発してきた「ナイキ(NIKE)と」の人気が徐々に落ち着きを見せ始め、「ニューバランス(NEW BALANCE)」や「プーマ(PUMA)」など、他のブランドが売れ始めている。“第3次スニーカーブーム”はまさに過渡期を迎えていると言っても過言ではない。今回は、時代の変化に対応するために必要な話。スニーカーブームの隆盛と衰退を何度も経験してきた本明社長が考える、ビジネスの基本のき。(この記事はWWDジャパン2021年10月18日号からの抜粋です)

――2019年に発売したインライン(通常モデルのこと)の“エア フォース1(AIR FORCE 1)”を履きつぶしちゃったんで買い直したいんですけど、見つからないんですよね。たまにリセールサイトに出品されても(定価1万5400円に対して)5万〜8万円で高いな、と。当時は並ばずに買えたんですが。

本明秀文社長(以下、本明):そうそう。買った時は普通だなと思っても、注目されていないから逆に見つからない。買った人も同じように履きつぶしていたり、「ナイキ」もそもそも数を積んでなかったりする。本当の目利きはそういうモノを買っておいて、寝かせて出品する。それに、レアなモノをみんなが履いていればそれが普通になって、普通のモノが履きたくなるもの。これまでは白ベースのスニーカーが売れていたけど、反動で今は黒ベースのスニーカーの方が人気があるしね。

――それは面白いですね。

本明:ないモノはみんな欲しいけど、あるモノは誰も欲しがらない。最近は「ナイキ」も生産数が多過ぎて売り切れなくなってしまったから、スニーカーのリセール価格が落ちてきて、“にわか転売ヤー”が怖くて買えなくなってきたと聞くよ。(リセールサイトの)「スニダン」もとうとう販売手数料を取り始めるんでしょ?

この続きを読むには…
残り874⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。