ファッション

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「反省、反省、反省」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。目玉商品を乱発してきた「ナイキ(NIKE)と」の人気が徐々に落ち着きを見せ始め、「ニューバランス(NEW BALANCE)」や「プーマ(PUMA)」など、他のブランドが売れ始めている。“第3次スニーカーブーム”はまさに過渡期を迎えていると言っても過言ではない。今回は、時代の変化に対応するために必要な話。スニーカーブームの隆盛と衰退を何度も経験してきた本明社長が考える、ビジネスの基本のき。(この記事はWWDジャパン2021年10月18日号からの抜粋です)

――2019年に発売したインライン(通常モデルのこと)の“エア フォース1(AIR FORCE 1)”を履きつぶしちゃったんで買い直したいんですけど、見つからないんですよね。たまにリセールサイトに出品されても(定価1万5400円に対して)5万〜8万円で高いな、と。当時は並ばずに買えたんですが。

本明秀文社長(以下、本明):そうそう。買った時は普通だなと思っても、注目されていないから逆に見つからない。買った人も同じように履きつぶしていたり、「ナイキ」もそもそも数を積んでなかったりする。本当の目利きはそういうモノを買っておいて、寝かせて出品する。それに、レアなモノをみんなが履いていればそれが普通になって、普通のモノが履きたくなるもの。これまでは白ベースのスニーカーが売れていたけど、反動で今は黒ベースのスニーカーの方が人気があるしね。

――それは面白いですね。

この続きを読むには…
残り1021⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら