ファッション

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「そこに愛はあるか」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。ついに社名が「フットロッカー アトモス ジャパン(Foot Locker atmos Japan)」に、本明さんの肩書きがCEO(最高経営責任者)に変わった。新年早々に見た箱根駅伝の足元は今年も「ナイキ(NIKE)」の“厚底”の圧勝だ。しかし、優勝した青山学院大学は「アディダス(ADIDAS)」とスポンサー契約中。選手の着用するユニホームとシューズのメーカーが違うのはよくある話だけど、それが今のスニーカー業界の相関図を表しているとか。その真意とは!? (この記事はWWDジャパン2022年1月3・10日号からの抜粋に加筆をしています)

本明秀文CEO(以下、本明):箱根駅伝を見て、これは本当に既存のスポーツメーカーが新興ブランドに逆転されてしまうなと思った。青学大の優勝インタビューを見ると全員「アディダス」を履いている。だけど実際のレースでは「ナイキ」を履いている。それってすごい矛盾じゃない?レースに出るときは「ナイキ」を履いて、スポンサーとして金をもらうときだけ「アディダス」。あれをやられちゃうとスポーツメーカーとしてはアウトだよ。

この続きを読むには…
残り1310⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら