ファッション

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「うねり始める世界」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。「ナイキ(NIKE)」のクリエイションに革命を起こしたヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)は、スニーカー業界全体にとっても偉大な存在だった。思い返せば今年は、米フットロッカーが「アトモス(ATMOS)」を約400億円で買収したり、新興ブランドがグローバル規模で勢いを増したりと、スニーカー市場が大きな節目を迎えた年だったとも言える。今回は、ちょっと早めに1年を振り返る。(この記事はWWDジャパン2021年12月6日号からの抜粋です)

本明秀文社長(以下、本明):(胆石の手術で)入院中は人に会わないから冷静に1年を振り返ったけど、スニーカー市場も随分と様変わりしたね。ヴァージルが亡くなったニュースは本当に驚いた。

――そうですね。まだ信じられないです。

本明:ヴァージルが亡くなり、トラヴィス・スコット(Travis Scott)も先月の音楽フェスの事件が集団訴訟に発展している(主催した音楽フェスで10人が死亡し、300人以上が負傷。2200億円超の損害賠償を求められている)からしばらく「ナイキ」はコラボの発売を延期する。リセールバブルが弾けそうな時に、近年の「ナイキ」人気をけん引してきた両巨塔の離脱はかなり痛い。僕もいろんな人に「いいタイミングで会社を売った」と、そればかり言われるよ。僕は最近特に、「ナイキ」の“作り”が粗末になってしまったと感じる。

この続きを読むには…
残り1174⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら