ファッション

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「2022年」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。スニーカー業界ではこのごろ、「スニーカーブームは終わった!?」という会話が飛び交っている。本明社長もそんな雰囲気はヒシヒシと感じているよう。社長いわく、売れないときにこそ売れる“あのモデル”が今人気らしい。まぁ長い歴史を振り返れば、これまでも山あり谷あり、たとえ冬の時代を迎えても何度も息を吹き返してきたスニーカー業界。2022年はどんな年になる?(この記事はWWDジャパン2021年12月20・27日号からの抜粋です)

――2022年はどんなスニーカーが売れると思いますか?

本明秀文社長(以下、本明):最近はどんどんスニーカー業界の景気が悪くなっている。そういうときは決まって“白白(オールホワイト)”の“エア フォース1(AIR FORCE 1)”が売れるんだ。ワントーンで1足持っておけば何にでも合わせられるからね。アロケーション(配分)だから「アトモス(ATMOS)」には一度に200〜400足、少しずつ入荷するんだけど、11月頃から入荷するたびに、1日で全部売り切れるようになった。25年以上スニーカーの商売をしてきて、このパターンは今回で4回目。これまでも白白の“エア フォース1”ブームが来たときは、スニーカーが売れなかったときだね。

――これまで売れなかったときはいつですか?

この続きを読むには…
残り1252⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら