ファッション
連載 本明秀文のノットスニーカーライフ

本明秀文の“ノット”スニーカーライフ「マリアナ海溝より深い溝」

有料会員限定記事

アトモスの創業者・本明秀文さんの独自の目線と経験から、商売のヒントを探る連載。「ファミマ」の3990円のスエットがXのある投稿をきっかけに、賛否両論を巻き起こした。驚いたのは、意外にもその投稿に批判的なファッション関係者たちが多かったことだ。伊藤忠商事がサポートする生産背景は強力で、確かに品質は良いだろう。コスパも最高だ。だが、本質はそこだろうか?少なくともスニーカーはそうじゃない。というわけで、今回はモノの価値の話。(この記事は「WWDJAPAN」2024年2月5日号からの抜粋です)

――先月、ファッション関係者らしき人物のXの投稿が炎上しました。「これは本当に心から思うんですが、コンビニエンスウェアで3990円のスウェットを買うなら33000円で生地の良いスウェットを買ったほうが安いと思う。これが分からない人にはどれだけ言葉を尽くしてもきっと何も分かってもらえない。(原文ママ、投稿は削除済み)」という内容を見たときにすぐにスニーカーが思い浮かんで、確かに「無印良品」の2990円のスニーカーを買うより2万6950円の“AJ1”を買った方が“安い”よなと共感できたんですけど、この投稿のミスリードは、定価が高いからといって生地や品質が良いとは限らないことですね。

本明秀文(以下、本明):高い安いじゃなくて、2次マーケットを意識して買うのが今の若者の買い方でしょ。それが今の価値観。3万円のスニーカーでも、セールで叩き売りされているようなものは誰も欲しがらないし、たとえ2990円でも希少価値があれば欲しい人はたくさんいると思う。

――とはいえ、安くていいものの方が良いという人の方が相対的には多いと思います。

この続きを読むには…
残り1046⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。