ファッション

「ナイキ」“エア マックス”新作はチューブ4本が連なる“ダイナミック エア”採用

ナイキ(NIKE)」は、“エア マックス(AIR MAX)”シリーズの新作“エア マックス DN”をスニーカー専用EC「スニーカーズ(SNKRS)」や「ナイキ」の一部店舗で3月26日に発売する。価格は2万130円。

同シューズには、新たなエアユニット“ダイナミック エア(DYNAMIC AIR)”を採用した。このユニットは、4つのチューブ状のエアバッグを連ねて、部位ごとに空気圧を変化させた独自設計だ。かかと部分の気圧は高く、前足部は低く設定し、歩行に合わせてチューブ内の空気が動いてスムーズな足運びをもたらすという。

プロジェクトに際し、プロダクトディレクターやプロセスエンジニア、3Dエンジニアなど部署を横断したチームを編成し、最新のテクノロジーを駆使して開発を進めた。例えば、エアバッグの消耗テストでは、3DCGを使ったシミュレーションで、1年後の耐久性を数時間で検証。このように、仮説と検証を短いサイクルで繰り返すことで、完成度を高めた。

アッパーには、シリコンを含ませる独自のプリント技術を使い、凹凸感を持たせたテキスタイルを使った。また、デザインのアクセントとして反射材のパーツも取り入れている。

エアユニットはナイキを象徴する技術で、30年以上の歴史がある。開発をリードしたキャシー・ゴメズ(Kathy Gomez)ナイキ・エクスプロア・チーム フットウェア ヴァイス プレジデントは、「街を何時間も歩きたくなる、新しい履き心地を作りたい、というピュアな思いから始まった」と振り返る。レジー・ハンター(Reggie Hunter)ナイキ ライフスタイル フットウェア プロダクト ディレクターは「かつての“エア マックス”を愛用する世代が、このシューズを履いて衝撃を受けてくれたら、このやり方が正解だったと言えるだろう。とにかく、あらゆる人に履いてほしい」とコメントする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。