ファッション

【現地取材】「豊洲 千客万来」が開業 江戸の街で新鮮なフードや温泉を楽しめる

温泉施設を展開する万葉倶楽部は、東京・豊洲に新商業施設、豊洲 千客万来を開業した。江戸の街並みをイメージした同施設は、“食楽棟”と“温楽棟”で構成する。食楽棟では、全国から約70店舗が集まり、新鮮な素材を使った豊洲市場ならではのローカルフードなどを提供する。温楽棟は、11店舗目となる万葉倶楽部による温泉施設で、これまでのブランド力の集大成となるフラッグシップ施設だ。豊洲 千客万来は、築地市場のにぎわいを継承、発展させることを目指して2015年9月から構想していた。

食楽棟

食楽棟は、3つのフロアで構成する。車道に面している1階はラーメン店など気軽にグルメを楽しめる店をそろえ、豊洲市場で働く人々や近隣住民から日常的に親しまれることを目指す。2階は、江戸時代の活気があふれる市場をイメージした目利き横丁と豊洲目抜き大通りがあり、食べ歩きも想定したようなテイクアウトしやすいメニューがそろう。3階は、誰もが新鮮な海鮮を楽しめるフロアで、さまざまなスタイルの寿司屋が出店している。

1階「豊洲江戸前通り」

本まぐろそば 䱻

1階の「豊洲江戸前通り」には、全国の海産物などをスープに使ったラーメン店などが立ち並ぶ。本まぐろそば 䱻では、本まぐろの旨みを抽出したスープと、炙りたての香ばしいまぐろチャーシューを組み合わせた、まぐろづくしのラーメンを楽しむことができる。麺は特注麺を使用することにこだわった。ラーメンのほか、海鮮丼も提供する。

松屋精肉店

松屋精肉店は、末広町に本店を構える明治創業の老舗肉卸店が手掛けるハンバーグ専門店。国産の牛肉を100%使用し、ひとつひとつ手ごねで仕上げたハンバーグの定食が看板メニューだ。魚の街である豊洲にオープンした同店では、目の前でハンバーグを網焼きにし、ライブ感のある食事で来店客をもてなす。

2階「目利き横丁」/食べ歩きが楽しいストリート

豊洲市場 相馬水産

千葉県浦安市に2店舗、銀座に2店舗を構える相馬水産。銀座では、どんぶりメニューや寿司を提供してきたが、同店はまぐろ串をメインに提供する。柔らかい食感をヘルシーに楽しめる“赤身串”(500円)やいろんな部位が少しずつ入っており、赤身と脂のバランスがよい“鮪串“(炭火焼き/300円)がおすすめメニューだという。

濱風茶房

神奈川県横浜市でケーキ店を営んでいたガトーよこはまが、初の業務形態となる和カフェをオープン。店頭ではテイクアウト可能な八女抹茶ラテ(標準/700円、濃厚1.5倍/900円、極濃2倍/1100円)などを提供する。ドリンクはオーダーが入ってからスタッフが抹茶を立てるため、いつも出来立てを味わえ、抹茶の濃さは、1.5倍と2倍に調整ができる。

牡蠣や粋

豊洲市場唯一の牡蠣専門店である牡蠣や粋は、築地や月島、新宿にグループ店を構えている。店頭では、日本全国の旬の牡蠣を取りそろえ、「牡蠣好きに最高の一粒を提供する」という。複数の産地を食べ比べできる“食べ比べセット”(1100円〜)のほか、“牡蠣とクリームチーズのパテ”(500円)や“牡蠣のオイル漬け”(660円)などの料理も用意する。

2階「豊洲目抜き大通り」

「かっぱ村逸品店」

浅草・かっぱ橋で古くから親しまれてきた同店は、築地時代から市場直送の海鮮直売店として愛されてきた。店頭では、冷凍しないことにこだわったタラバガニの脚(5500円)を蒸して提供するほか、商標登録している“かっぱ肉まん”(550円)、一般に流通していない辛口でドライな日本酒(880円)などを用意する。

フラワーおはぎ専門店「オーハギー」

神戸に本店を構えるオーハギーは、季節の素材を活かしたおはぎを月替わりで提供している。店頭では、見た目も味わいもさまざまな四季を楽しむおはぎが並ぶ。“梅の花"(350円)や“椿"(350円)などの単品おはぎのほか、定番おはぎ4個セット(1110円)やフラワーおはぎ4個セット(1570円)、7個入りギフトボックス(2440円)などをそろえる。

温浴棟

万葉倶楽部による温浴棟では、源泉から毎日運ばれる箱根・湯河原の名湯を楽しむことができる。温浴棟8階にある足湯スポットは、誰でも無料で利用でき、海が広がる豊洲の景色を眺めながらくつろぐことができる。露天風呂は、東京湾を一望できる開放感が魅力だ。最上階に位置する入館者用の足湯庭園は、夜になると、ライトアップされるレインボーブリッジなど東京の夜景を楽しむことができる。

お風呂以外の要素も充実している。館内では、ボディケアやオイルトリートメントなど美容や健康のためのサービスを豊富にそろえた癒処やドライサウナ、塩サウナ、岩盤浴を用意する。

■「豊洲 千客万来」
住所:東京都江東区豊洲6-5-1
アクセス:ゆりかもめ 「市場前駅」から徒歩4分/東京BRT 「豊洲市場前」から徒歩3分/「ミチノテラス豊洲(豊洲市場前)」から徒歩7分/都営バス 「市場前駅前」から徒歩5分/「新豊洲駅前」から徒歩9分
       

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。