ファッション

【麻布台ヒルズ見どころ2】ハイエンドからカジュアルまで気鋭の飲食店が集う 日本初進出のサラダボウルやピザなど9選

森ビルの大型複合施設「麻布台ヒルズ」が11月24日に開業する。“Modern Urban Village”をコンセプトに、緑を多用した設計で“Green & Wellness”を打ち出す。商業施設ゾーンには来春までに約150店舗が出店。商業施設や文化施設のほか、オフィスや住宅などの都市機能を集積する。

この記事では、ハイエンドレストランや飲食店にフォーカスし、その見どころを紹介する。国内初出店の黒船や人気店の新業態店が目白押しだ。

ミニマル ザ スペシャルティ(ガーデンプラザB 2階)
新業態店

スペシャルティチョコレート専門店のミニマル(Minimal)は、表現技術や飲み物などとのマリアージュによってカカオ豆の新しい魅力に出合う体験を提供してきた。現在は、富ヶ谷と代々木上原、祖師ヶ谷大蔵に店を構えている。麻布台ヒルズの新店は、ドリンクつきのコースにより、カカオを使った酒類を提供する新業態店となる。カカオとチョコレートのコース“センス オブ ワンダー”(完全予約制)はアルコールとノンアルコールが選べ、価格は5500円。また、恵比寿のアンノウン(unknown)の大場オーナーとの共同開発による5種類のカカオ酒とカクテル、モクテルも用意した。

アルケミー(タワープラザ 4階)
日本初出店

アルケミー(ALCHEMY)は、2011年にバリ・ウブドでクリエイターグループによるプラントベースのレストランとして誕生した。ウエルネスや健康、幸福を大切にする店づくりで、英国の経済紙、フィナンシャル タイムズ(FT)紙において、ヴィーガンレストランのトップ10にも選出されている。同店にとって初の海外出店となる麻布台ヒルズの店舗でも、オーガニックで、再生可能を実践する地元のサプライヤーから厳選した食材を使った、サラダバー(2000円〜、選ぶ野菜によって異なる)やチョコレートのスイーツなどを用意する。

鮨麻布(タワープラザ 3階)
日本初出店

ニューヨーク・マンハッタンやフロリダ・マイアミビーチでミシュラン1つ星を獲得した鮨レストラン「AZABU」が、「鮨麻布」として日本初上陸を果たした。店内はカウンター席が中心で、江戸時代の屋台を現代的に表現している。ランチコース(4800円)とディナーコース(9800円)を提供する。春夏秋冬で鮨のネタ皿を変えるのもこだわりの一つだ。

ザ ラバーズ ラウンジ(タワープラザ3階)

ザ ラバーズ ラウンジは、「“愛好家”たちのためのバーラウンジ」がテーマ。全国から取り寄せた選りすぐりのジャパニーズウィスキーや種類が豊富なシグネチャーカクテルなどを楽しめる。店名を冠した“ラバーズ ネグローニ"(1800円)や“燻製ハイボール"(1800円)のほか、スイーツ感覚で楽しめる“抹茶グラスホッパー"(1800円)もおすすめだという。

プルニエ アール デュ キャビア フランセ(麻布台ヒルズマーケット 地下1階)

150年以上の歴史を持つフランス産キャビアの老舗ブランド、プルニエ(PRUNIER)の専門店がオープンする。店頭のバーカウンターでは、フレンチシェフの監修によるキャビアメニューや日本各地のオイスター&キャビアなど、国内の店舗初登場のオリジナルメニューを用意する。また、キャビアや世界最高峰のスモークサーモン“バリック”などの高級食材も販売する。そのほか、パーティーシーズンのテーブルを彩るキャビアのオリジナル缶は、事前予約制で250〜1800gまで用意する。

ピザフォーピース 東京(ガーデンプラザD 1階)
日本初出店

2011年にベトナムで日本人オーナーが立ち上げ、現在はベトナム全土とカンボジア、インドなどで32店舗を展開するフォーピースが国内初出店する。自家製チーズと生産者が見える食材、サステナビリティを意識してきた同店。麻布台ヒルズの店舗ではより日本の風土に寄り添い、生産者やクリエイターらとともに開発した限定メニューを用意した。さらに、店頭ではメニューを兼ねたフリーペーパーを配布し、同店のパッションを伝えるほか、日本のクリエイターを海外に発信することを目指す。

エシレ・ラトリエ デュ ブール(ガーデンプラザB 1階)
新業態店

フランス産発酵バターの“エシレ”の輸入総代理店である片岡物産は、バターとそれを使ったヴィエノワズリーやオリジナル スイーツにフォーカスした、エシレ・ラトリエ デュ ブール(ECHIRE L'Atelier du beurre)を出店する。ブリオッシュをクロワッサン生地で包んだ “ブリクロ エシレ”(2160円)や30cmの“グラン クロワッサン”(2160円)が目玉だという。どちらもバターを贅沢に使った。

Sta.(ガーデンプラザB 地下1階)
新業態店

Sta.は、日本の家庭料理をベースにしたフードを展開する。その土地の建物を生かして店舗を作っているのもこだわりで、渋谷店はある夫婦が長年住んでいた一軒家を、神田店は万世橋駅があった高架下を、日本橋店は半地下の駐車場を作り替えている。そんなSta.は、麻布台ヒルズではテイクアウト可能な弁当メニューを提供する。週替わり弁当(1500円)や肉、魚の弁当(各1200円)のほか、自家製ジンジャーエールなどのドリンク(400円〜)を用意する。

アラビカ東京(ガーデンプラザB 地下1階)
東京初出店

14年に京都でオープンした% アラビカ(% ARABICA)は、「京都から世界へ」のスローガンのもとで、最高峰のコーヒーを追求している。現在、ハワイ島コナにコーヒー農園を持ち、生豆商社を営むほか、日本製の焙煎機やエスプレッソマシンの代理店となって世界21カ国に164店舗を運営している。そんな同店は、神谷町駅に直通した麻布台ヒルズの入り口にラビカ東京を出店し、東京初進出。近隣で働く人たちへ、ハイクオリティーなコーヒーの提供を目指す。また、タワープラザ4階の% アラビカにも出店し、焙煎機によるカスタムロースティングサービスを提供する。看板メニューはカフェラテ(550〜660円)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。