ファッション
連載 本明秀文のノットスニーカーライフ

本明秀文の“ノット”スニーカーライフ「“エア”はオワコンか」

有料会員限定記事

アトモスの創業者・本明秀文さんの独自の目線と経験から、商売のヒントを探る連載。「ナイキ(NIKE)」が3月26日の“エア マックス デイ(AIR MAX DAY)”に向けて、打ち出し中の新作“エア マックスDN(AIR MAX DN)”。“エア マックス”といえば、本明さんのスニーカー商売を大きく軌道に乗せた超重要なキーアイテムであり、長年多くのコラボレーションを世に送り出してきたアトモスを象徴するモデルでもある。そんな思いもひとしおだからこそ最近の“エア マックス”について、本明さんが愛のムチをふるう。(この記事は「WWDJAPAN」2024年3月4日号からの抜粋です)

本明秀文(以下、本明):ナイキソウルが新作の“エア マックスLV8”のキャンペーンにNewJeansを起用した。そのことについて、ナイキジャパンの元社員と話したら、コラボレーション以外で芸能人をキャンペーンに使ったことはこれまでほとんどなく、NGだったという。だけど芸能人をキャンペーンに起用し始めたということは、マス向けに売っていかないと数字が取れないから。一般的には知られていないデザイナーや知る人ぞ知るラッパーとコラボして、ハイプなスニーカーを一部の店で少量売っていくのではなく、“誰でも知っている”芸能人やアイドルを使って、量販店で大量に売っていきたいんだと思う。

――国によって起用する人物を代えるかもしれないですね。マス向けの戦略に変えるとどうなるんでしょう?

本明:トレンドを引っ張っていくファッションアイコンとか、いわゆるおしゃれな人たちが「ナイキ」を履かなくなるよね。だから今の状況だと差別化するために、おしゃれな人はラグジュアリーブランドのスニーカーを履くようになると思う。残るのはスニーカー好きのマニアだけ。でもマニアって何人いるの?って話だし、必ずしもおしゃれじゃない。トレンドの中で履かれて初めてファッションになるんだ。

――「ナイキ」が復活するためには何が必要ですか?

本明:生産量を減らすことはもちろん必要だけど、OG(過去に発売されたモデルのこと)に代わる新しいモデルを生み出さないといけない。最も注力している新作の“エア マックスDN”は、見るからにAIが作ったようなモデルに見える。アッパーの雰囲気やかかとの“エア”のデザイン、ソールのボリュームや前後で分かれた形状まで、今の売れ線をミックスしたのだと思う。

この続きを読むには…
残り914⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。