ファッション

セットアップは“ユーティリティー×エレガンス”が今季流【2024年春夏トレンド】

楽な着心地で、機能性に優れた“ユーティリティーな服”が支持を広げています。ミリタリーやワークウエアが源流ですが、2024年春夏シーズンはエレガンス度が格段にアップ。ゴツさやマニッシュなムードを遠ざけて、たおやかに進化しています。中でも新顔として注目なのが、パンツとのセットアップ。使い勝手の良さはそのままに、自在な着こなしが可能に。今回は、“ユーティリティー×エレガンス”スタイリングをご案内します。

サンローラン(SAINT LAURENT)」は2024年春夏コレクションで、サファリルックをタウンユースにモダナイズした、ミリタリー調のパンツスタイルを披露しました。“ユーティリティー×エレガンス”の象徴的なルックと言えるでしょう。全体をカーキ系でまとめ、シャツジャケットの上からベルトを巻いて、めりはりを強調。大ぶりのイヤリングにレザーグローブ、ヒールのパンプスでレディーらしさを添えました。このようなエレガントなムードで着こなすのが新傾向です。

モダンサファリはきれいめ&ソフト

ユーティリティーな装いの代表例に、デザイナーのイヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)が考案したサファリルックがあります。上で紹介した今の「サンローラン」も、イヴ・サンローランが提案したサファリルックの延長上にあるデザインで、ジャングルでも過ごせそうなほどタフな印象のマニッシュなウエアですが、発表された1968年から約56年を経て、アレンジの選択肢がかなり広がってきました。きれいめやフェミニンの度合いを高め、もともとの武骨さを和らげる“軟着陸”が今の傾向です。

サファリルック風セットアップの特徴は、上半身にドレープをたっぷりまとい、ドローストリングスやふんわりした袖が、伸びやかなたたずまいをまとえる点。インナーにストライプ柄のシャツを着て、シャープな雰囲気も盛り込みました。ハンサムですっきりとしたパンツと相まって、オフィスルックとしても使えそうなソフトタッチのモダンサファリです。

素肌を控えめにのぞかせた大人ヘルシー

パンツのセットアップはカッチリした“スーツ感”が出やすいですが、イマドキのタイプはフェミニン度がぐっとアップし、気張って見えにくくなっています。主な変化は、柔らかい生地の多用。素肌を控えめにのぞかせる演出も持ち込まれています。

ドレープが出やすいソフトな生地で仕立てたパンツのセットアップは、自然体なムードを醸し出せます。リラックスして映る理由は、肩や正面に素肌をのぞかせているから。ジャケットは肩部分にカットアウトを施し、ショルダーラインを落としました。長いもポイント。パンツも裾の正面にスリット入り。ナチュラルなカラーがヌーディーさを引き立てています。

小物やジップ使いでアクセント

セットアップはトップスとボトムスの組み合わせの選択肢が増えています。ジャケットではなくブルゾンを選べば、楽な着心地で過ごせます。

写真の女性は、ブルゾンとパンツのセットアップを黒でシックにまとめました。ブルゾンのメタリックなジップがクールな表情。垂れたベルトが落ち感を高めています。オールブラックはシックにまとまりがちですが、メタリックパーツを取り入れれば、華やかさがアップ。ミニバッグと靴もシルバーでそろえて、オールブラックにまばゆいリッチ感を添えています。

スエット素材はバランスで品格アップ

最もストリート寄りなのがスエット素材の上下セットアップです。スポーツウエアの印象が強いだけに、カジュアルに見えすぎない“一工夫”が肝心。レイヤードや小物使いが効果的です。セットアップに色や風合い、ディテールなどの格上げ要素を盛り込むと、“体操服”的な見え方を避けられます。

写真は、スエットのセットアップをエレガントに昇華させた成功パターン。格上げの決め手は、足元に視線を引き込むストラップシューズ。メリージェーンに似た愛らしさと、レディーライクな気品を兼ね備えています。トップスの丸襟から顔を出したシャツもストリート感を遠ざける効果を発揮。ショート丈でハイウエストに見せることで、コンパクトなシルエットをさらに印象付けました。

レザーは素材感とトップス選びが鍵

丈夫で痛みや汚れに強いレザーは、ユーティリティー素材の筆頭格です。レザーは主張が強く、艶めきを帯びた質感がスタイリッシュな雰囲気を呼び込みます。タフなキャラクターイメージをまとえるのは、クールさを宿す黒革ならでは。トップスの選び方次第で、ムードを切り換えてマルチに着こなせます。

オーバーサイズ気味のレザーのセットアップで、ハンサムにキメた左のファッショニスタ。スローガンTシャツでハードさを抑えつつも、ロック感を漂わせています。右のファッショニスタは、オールブラックでスタイリング。いずれもレザーのパンツスーツ、バッグ、シューズと、素材感を主役に据えたミニマルでモダンなコーディネートです。

ユーティリティーなセットアップは出番やシーズンを選ばないので、着回しのローテーションに入れやすいのがうれしいところ。新トレンドとして注目されている、きれいめやエレガントな雰囲気を強めれば、こなれ感もアップ。セットアップでまとめる分、トップスや靴、小物で遊びやすく、自分好みにスタイリングを楽しめるので、ぜひ試してみてください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。