ファッション

冬のシアーで軽やかに 肌見せならぬ旬の“服見せ”スタイル7【2023-24年秋冬トレンド】

ほのかに透けるシアーな服を、あえて真冬に着るトレンドが盛り上がってきました。もともとは夏のシンボル的なアイテムでしたが、冬の装いの重厚感を遠ざけられるので、キーディテールに浮上。寒い季節だけに素肌は見せず、服の上から重ねるレイヤードが軸になります。今回は、2023-24年秋冬コレクションから“冬シアー”の着こなしを集めました。

「メゾン スペシャル(MAISON SPECIAL)」のティアード・ワンピースは、全体をシアーな生地で仕立てました。ブルーとベージュのワンピースを重ねた装いです。さらに、オーバーサイズのデニムアウターもレイヤード。シアー素材の優しげなムードとデニムのタフさが交差したスタイルが完成しました。メタリックのブーツでクールなスパイスも添えています。

パンツ×スカートなどの
ボトムレイヤードが再燃

パンツにスカートを重ねるボトムレイヤードがひさしぶりに脚光を浴びています。シアーなスカートを選べば、パンツの風合いも生かせます。かさばった印象を薄めてくれるのもこのコーディネートの長所です。

「ユェチ・チ(YUEQI QI)」のルックは、カジュアルなジーンズの上からフェミニンなシアースカートを重ねました。スエットトップスと合わせてストリートテイストを、ショート丈のジャケットを羽織って艶やかさを加えています。アウターとスカートの色をそろえて、質感の違いを際立たせました。

ボトムレイヤードではシアースカートを外側に重ねるパターンが多いですが、内側に着て、裾を覗かせると、足元に雰囲気が出ます。ポイントは、外側から重ねるスカートとの質感をずらすこと。例えば、メタリック系とシアースカートは相性抜群なので、着こなしのムードを深めてくれます。

モノトーン系でまとめたのは、2枚目の「ミランニ(MILLANNI)」。アシンメトリーなスカートの下から、チュール仕立てのスカートをのぞかせました。不ぞろいな裾が動きを強めています。トップスが柔和な印象のニットのため、さらに素材ミックスの表情が深まりました。

“クワイエット・ラグジュアリー”も
“シアー×シアー”で格上げ

シアー素材には官能的なイメージがありますが、飾り気を抑えた“クワイエット・ラグジュアリー”がビッグトレンドの今、透ける服も品格や落ち着きが肝心。素肌に重ねないレイヤードは、節度を保ったノーブルな印象に導いてくれます。

アンテプリマ(ANTEPRIMA)」はマキシ丈ニットの装いに、シアーをレイヤード。ニットのソフトで伸びやかな風合いに、ダークトーンのシアーがはかなげでミステリアスなムードを加えています。服の上から重ねるシアーは、見た目の印象を素早く変えられるムードチェンジ的な存在。素肌が透ける心配がないのもうれしいところです。

スカートの上からシアーをかぶせると、エレガントで柔和な表情が加わります。プリーツスカートのような“きちんと感”を帯びたボトムスにも、ドレッシーな雰囲気を寄り添わせる効果を発揮するので、手持ちのスカートの着回しに役立ちます。

2枚目の「ミューラル(MURRAL)」は、淡いブルーグレーのシアーを、ホワイトトーンのスカートの上から重ねました。このように、下に着たボトムスの色の印象を変えられるのも“重ねシアー”の長所。テーラードジャケットを引き合わせて、シアーの繊細な質感とのコントラストを際立たせています。透ける服で全身をまとめず、上下の風合いの違いを印象付ける賢い着方です。

ベーシックスタイルも
シアー投入で今季流に

ミニマルな装いに少しだけアレンジを加えるスタイリングが、相次いで提案されています。ベーシックでシックな服に透け感を添えるシアーピースは、便利に使えるキーアイテム。見るからにエアリーな風合いが、冬のスタイルを軽快に見せてくれます。

「CFCL」は、ベルボトムのパンツの上からシアーニットを重ねました。全体がダークトーンでエレガントなたたずまいです。シアーピースも軽やかさを控えめに醸し出し、黒特有の重たい印象をやわらげました。レッグラインを際立たせる効果も発揮しています。

レッグラインを主張したパンツは少しハードルが高いボトムスですが、シアーなスカートを重ねれば、“ぼかし”効果が生まれて、見え加減をカバーできます。脚を露出するミニスカートにも応用が利く“かぶせコーディネート”です。

色の強いボトムスをなじませる際にも、シアーボトムスは頼りになります。2枚目の「パウラ カノヴァス デル ヴァス(PAULA CANOVAS DEL VAS)」は、レッド系のパンツの上から、イエローのシアーワンピースを重ねました。アスレチックなレギンス系ボトムスですが、シアー重ねのおかげで輪郭がややあいまいになり、脚の細さが引き立つ効果も生まれました。

重く見えがちな冬のルックに、シアーは軽やかな印象を乗せてくれます。セーターやコートなどの防寒ウエアを着ていれば、冬でも薄手アイテムの投入が可能です。さらに、通年で出番を増やせるのもうれしいところ。素肌を透けさせるイメージから一歩踏み込んだ、“服を透けさせる”点が、従来のスタイリングとの違いです。装いを軽やかにするシアーアイテムを生かして、ウィンタールックに変化をもたらしてみませんか。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。