ファッション

注目の“クワイエット・ラグジュアリー” 今季の決め手はワントーン【2023-24年秋冬トレンド】

“クワイエット・ラグジュアリー(Quiet Luxury)”が、ビッグトレンドの気配を見せ始めました。“クワイエット・ラグジュアリー”はその名の通り、派手で目立つデザインを遠ざけ、抑えた色や柄で素材の上質さを引き立てる、気品ある装いのこと。ロゴやモチーフは押し出さず、控えめで穏やかでありつつ、クラス感はしっかり醸し出すところに特徴があります。

例えば、「ザ・ロウ(THE ROW)」はジャケット部分がカシュクール風。パンツスーツのようでありながら、極上の生地ならではの優美なドレープを帯びたボトムスがドレッシーです。色数を抑えて、静かなたたずまいにまとめ上げています。このような“クワイエット・ラグジュアリー”の着こなしへの近道といえそうな、色調をそろえたスタイリングを、トップブランドの2023-24年秋冬コレクションからピックアップしました。

主張を抑えて芯の強さを演出

服の起伏を減らすのは、“クワイエット・ラグジュアリー”を引き立てるスタイリングです。フラットなシルエットが気取った雰囲気を遠ざける効果を発揮。着ている本人の“主役感”を高める点でも一役買ってくれます。

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」のジャケットは、プルオーバー。ワントーンで、柄もボタンもないプレーンな仕立てです。パンツとのセットアップで、しなやかなドレスのようなムードに。バッグとジュエリーで差し色を効かせ、主張しすぎないセットアップが、かえって凛とした印象になっています。

リュクス見えのトーン・オン・トーン

同系色でまとめながら、少しだけ色をずらす“トーン・オン・トーン”は、“クワイエットラグジュアリー”らしい品格を引き出します。全体が落ち着いたムードに整うので、レイヤードスタイルにもピッタリです。

上品なコートルックに仕上げたのは、「アクリス(AKRIS)」。トレンチコートとシャツ、パンツをキャメル系のカラーで統一。素材の風合いや微妙な色合いのずれがまとまりすぎを崩し、やわらかい表情をまとわせているのがポイントです。バッグやベルトも近いトーンに。秋冬らしいオータムカラーを選べば、シックな装いにまとまります。

スリーピースは生地の上質感が決め手

ベストまで加えたスリーピースは、正統派スーツルックの象徴。秋冬はコート、ジャケット、ボトムスという組み合わせもありです。上質な生地で仕立てれば、いっそう際立つ装いに。

極上の素材に定評のある「ロロ・ピアーナ(LORO PIANA)」は、ジャケット、コート、パンツの3点でメンズライクに整えました。全体的にゆったりしたシルエットで、スーツのカチッとした雰囲気をやわらげています。パンツはサルエル風のフォームで、意外性を出しました。クラウンの高い帽子と、艶感のあるエレガントな靴で別テイストを添えて、ムードを深くしています。

ブラック×メタリックで抑えたきらめき

ブラックが主体の装いは、シックさを演出するのにうってつけです。光り物やレザーアイテムを取り入れて、リュクスなムードを薫らせるのが工夫のしどころ。色がダークな分、シルエットやディテールで遊べるのもこのコーディネートのいいところです。

ジル サンダー(JIL SANDER)」は、全身ブラックの装いで禁欲的な雰囲気にまとめ上げました。ワークウエア風のベストが、控えめだけれどアクティブな要素として効いています。アクセサリーは、シルバーのネックレスでハイネックにゴージャスさをプラス。編み込みと艶めきを帯びたバッグが装いをいっそうリュクスに仕上げ、オールブラックの質感を際立たせています。

ニットでエフォートレスの協奏

上質なニットウエアのソフトな風合いは、優雅でリラックスした着こなしに仕上げてくれます。ニット仕立てのワンピースは、しなやかなボディーラインを描き出す優秀アイテム。秋冬らしいニット小物でまとめるコーディネートは、ぬくもりを帯びたリュクスな装いに導いてくれます。

マックスマーラ(MAX MARA)」は、ニットワンピースを軸に、ラベンダー色のワントーンを提案。エフォートレスな雰囲気を漂わせました。ブランドアイコンの“テディベアコート”が格上のムードを醸し出し、ワンピースとおそろいのニット帽とロンググローブが、遊び心と温かみを寄り添わせました。

異素材ミックスで優雅なカジュアル

カジュアル寄りの装いでも上品さやリッチなムードをまとえるのは、“クワイエット・ラグジュアリー”の魅力です。着こなしのコツは、異素材の組み合わせ。それぞれの質感を引き立て合うマッチングがこなれ感を生みつつ、上質な素材が表情をを深めてくれます。

ブルネロ クチネリ(BRUNELLO CUCINELLI)」は、セーターとブルゾン、スカートを組み合わせて、気負わない装いを提案しました。ブルゾンの襟のボアをはじめ、どれも別々の風合いが際立つコーディネート。色はアイボリー系をベースにしながら、ほんのりずらした近いトーンで統一しました。ボリュームや質感のばらつきが、かえって穏やかなバランスに導いています。

“クワイエット・ラグジュアリー”の装いは、タイムレスやミニマルシックなどのロングトレンドに、改めて名前を授けたようなところがあります。ことさらに主張しすぎず、芯の強さを秘めた装いは、その人らしさを表現できるするうえでも重宝したいスタイリング。大人の余裕が漂い、ビジネスシーンでのエンパワーメントにも役立つので、自分流の着こなしに取り入れたくなります。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。