ファッション

新・夏の肌見せは“大胆なのにヘルシー” 意外性のあるカットアウトが鍵【2023年春夏トレンド】

トレンドの肌見せに新技が相次いで登場しています。布をくり抜いたカットアウトは、大胆にデコルテゾーンへ接近。サイドスリットは、ももを直撃し始めました。透けるシアー素材とのミックスや、上下ダブルの肌見せは涼やかでヘルシー。以前はありえなかったポジションや見せ方でのスリリングなカットアウトが始まりました。

写真は、中央がハート形にくり抜かれたシャツからブラトップを露出した、挑発的なサマーレイヤード。二の腕も丸くカットアウトされていて、ウエストはボタンを外して“三角窓”を開けました。“大胆だけれど、ヘルシー”という新・肌見せのルールを満たしたお手本コーディネートです。ほのかに色香が薫る新テクニックを、各地のファッショショー会場で押さえたスナップ写真からピックアップしました。

想定外のスポットをカットアウト
レイヤードで重層感を演出

カットアウトのバリエーションが広がったおかげで、(リードと重複するので、表現を変えました)センシュアルな着こなしにも生かしやすくなってきました。1枚目のスタイリング最大の見どころは、脚の両サイドにカットアウトを加えたパンツ。横から素肌が見えるので、レッグラインがシャープに映ります。フリル風のデザインが歩くたびに揺れ、動きを引き立てる効果を発揮。ボトムスの両サイドはこれまでスリットの縄張りでしたが、脚の動きに関係なく素肌が見えるカットアウトの方が、より大胆な肌見せができ、意外性も高まります。

くり抜いた部分を柄のように見せる演出も現れました。例えば、丸いカットアウトはドットのような印象で、サークルモチーフ特有の朗らかなムードが生まれます。三角形やひし形、四角形なども登場。それぞれのモチーフごとに異なるイメージをまとえます。

2枚目の写真では、黒いスカートに丸いカットアウトをいくつもあしらいました。くり抜いた穴を通して、内側に着込んだボトムスが見えるレイヤードに。くり抜いたアイテムの上手な使い方です。トップスは、背中の中央をひし形に大きくカットアウト。大胆でありながら、ヘルシーなバックスタイルにキマっています。

デコルテ見せで“ほどほどヌーディー”
黒で引き締め効果も

肩や二の腕のカットアウトは以前から定着していましたが、新タイプはデコルテを攻めています。追い風になっているのは、ほのかに色香を漂わせる“ほどほどヌーディー”のトレンド。ベアトップほど露出が多くないので、程よい肌見せがかないます。

たくさんのストラップが重なることで、カットアウトのような見え具合になっているのが、1枚目のルックの見どころ。レイヤードのおかげで入り組んだ肌見せが実現。タンクトップ風のスポーティーなムードも備わりつつ、ハーネスのようでもあり、ボディーが引き締まって映る、重層的な仕掛けです。

上下の2カ所以上にカットアウトを取り入れるコーディネートは、視線を散らしてくれます。例えば、トップスの肩口やデコルテをくり抜き、ボトムスは正面の裾にスリットなど、複数のスポットに切れ込みを入れる“上下コンビネーション”は、見た目も実際も涼やかに仕上がるカットアウトです。

2枚目の写真は、肩部分を鋭角的にカットアウト。デコルテにも届く、深めでシャープなくり抜き方なので、肩が華奢に見えるディテールです。一方、スカートは正面にスリットを入れて、隙間からのぞく脚をすっきり演出。さらにショート丈のトップスでお腹周りをたっぷり肌見せ。全身ブラックの装いに肌見せを取り入れることで、クールなサマーコーデに仕上がっています。

意外性のある横スリットが台頭
シアー素材とも好相性

ボトムスに加えるスリットは縦方向が主流でしたが、このところ目立つのは、横方向のスリット。意外性が高く、視線を引き込む効果が期待できます。透けるシアー素材や、別方向のスリットと組み合わせれば、さらにダイナミックな見せ方が可能です。

1枚目の女性は、デニムパンツのももの付け根ぎりぎりに入った横スリットがドラマチックな印象。一般的なスリットとは違って、縁がほつれたような風合いで、ワイルドなムードに。横スリットは狙ったポジションを目立たせやすいメリットがあります。トップスは、デコルテを大胆にシースルー。透け感とスリットのクロスオーバーで印象を深くしています。

縦に走るスリットはレッグラインを伸びやかに見せる効果がありますが、横スリットは華奢さを引き出します。スリットからのぞく脚線とパンツの間の自然なスペースから、着やせメリットが生まれる仕掛けです。

2枚目写真のデニムパンツがアイキャッチーなのは、ももに深々と入った横スリットが理由。ゆったりしたバギー風のシルエットなので、スリットから見える脚線との隙間が広め。脚の細さが際立ちました。一方、トップスはデコルテをしっかり露出。レディーライクな雰囲気で、ボトムスとの“ずれ感”を印象付けています。

カットアウト、デコルテ見せ、横スリットを取り入れれば、サマールックを涼しげかつセンシュアルな着映えに仕上げられます。夏らしいシアー素材との組み合わせとも好相性なので、多彩なレイヤードを試せそう。ヘルシーでちょっぴりサプライズな肌見せを楽しんでみませんか。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。