ビジネス
連載 本明秀文のノットスニーカーライフ

本明秀文の“ノット”スニーカーライフ「時間を買う」

有料会員限定記事

アトモスの創業者・本明秀文さんの独自の目線と経験から、商売のヒントを探る連載。スニーカーショップを経営した本明さんがアトモスを売却後に始めた事業が、おにぎり専門店「まんま」だ。スニーカーのビジネスモデルはおにぎりでも通用するのか?――そんな疑問視する声を跳ね除け、開店以来、連日連夜にわたって行列ができている。とはいえ、500円のおにぎりは薄利多売の商売であり、客単価が数万円のスニーカービジネスとは規模感が異なるのも事実だ。本明さんの次なる一手は?(この記事は「WWDJAPAN」2024年2月19日号からの抜粋です)

本明秀文(以下、本明):おにぎり屋の「まんま」でフランチャイズチェーン(FC)を始めようと思っている。セントラルキッチンを構えたから、そこで作ったおにぎりの具や米をそこから送る。「まんま」が話題になることで興味を持ってくれる人が何人もいて、まずは都内から広げていこうかなと。

――加盟者(フランチャイジー)と契約して、その店の運営を任せるということですね。アトモス時代もFCの店舗はあったんですか?

本明:チャプター(アトモスの前身)時代は大阪店や神戸店といった地方店のほとんどがFCだったけど、目が行き届かず失敗して辞めた。アトモスの場合は、多店舗化していった2010年代後半にはECも急成長したからフランチャイズをする必要がなくなった。だから、アトモスのFCは沖縄店と金沢店の2店舗だけ。沖縄に行く経費が高いから都内から頻繁に行くには効率が悪く、金沢もほとんど行く機会がない。だったら運営を任せた方がいいかなと思った。

この続きを読むには…
残り1178⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。