ファッション

Makuakeが寄り添った応援されるブランドへの挑戦「VOL.1鎌倉シャツの事例」

有料会員限定記事

 「生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る世界の実現」をビジョンに掲げるマクアケは、ブランドが持つべきパーパスの可視化や、その伝え方、ユーザーとのコミュニケーション作りなどでメーカーに寄り添い、モノづくり企業がモノづくりに集中できる環境整備に一役買っている。ブランドの伴走者、キュレーターが過去の事例を踏まえながら応援されるブランドの共通点を探る新連載。今回はマクアケの田中絢子、酒井翼キュレーターが、コロナ禍の危機において、原点回帰という角度から見事に新領域への進出に成功されたメーカーズシャツ鎌倉(以下、鎌倉シャツ)の事例を紹介する。

 鎌倉シャツは1993年からシャツやネクタイなどのビジネスウエアを全国展開しているシャツ専門店で、上海などにも店舗があります。ところが海外展開を更に進めていた中でコロナ禍になり、積極的な海外進出を断念。一時は店舗の休業を余儀なくされ、工場にシャツの発注ができなくなる中、「二人三脚でやっている工場を助けたい」という思いで、マスクなどの生産を発注していました。

 今後どうすればいいか考えた結果、創業の地である鎌倉からクリエイティブなモノを作り出そうという方向性になり、鎌倉で商品企画や撮影を進める中で、浄智寺の住職から「おしゃれな作務衣を作れないか」とのリクエストをもらい、製作に1年以上を費やし、今回の作務衣が生まれました。

 「世界で活躍するビジネスパーソンをシャツで応援する」というモットーを掲げる鎌倉シャツにとって、作務衣は既存のシャツとは全く異なる商品でした。そこで売り方や見せ方、お客さまからの反応を試すためのテストマーケティング、そして鎌倉への貢献を目的に「マクアケ」を活用いただきました。

この続きを読むには…
残り1874⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら