ファッション
連載 本明秀文のノットスニーカーライフ

アトモスCEO・本明秀文のスニーカーライフ「鑑定の闇」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明CEOに聞く連載。ユーチューバーの「本日のくっく」による“スニダンの鑑定サービスを検証した動画”は、50万再生を超えるほど注目を浴びた。同時にプロの鑑定士が“明らかな偽物”を本物と誤鑑定したことで、ユーザーが震え上がったのは言うまでもない。2次流通の発展とともに偽物の流通量も増えることは想像に難くないが、もう誰にも止められないのか?本日はくっくをゲストに考える。(この記事はWWDジャパン2022年4月4日号からの抜粋です)

本明秀文CEO(以下、本明):くっく君のスニーカー真贋鑑定の闇を暴いた動画は、ユーチューバーのヒカルの「クジを全部買い占める」みたいな感覚で面白かったね。本当に偽物多いから。

——フリマアプリのスニダンの鑑定って以前から問題視されていたんですか?

本日のくっく(以下、くっく):そうですね。SNSとかでは偽物に限らず、全く違うモノが届いたとか左右違うサイズだったとか、いろいろと苦情を目撃していて。だから、そもそも鑑定しているのかって疑問を抱く原因はあったんですけど、それが今回、僕が発信したことで、大きく取り上げられました。

——自分で偽物の“チェリーダンク(中古)”をメルカリで購入後、スニダンに出品して、それを自分で購入したんですよね。

くっく:そうです。鑑定の精度を確かめるためなので、誰かをだましたいわけではなく……。話題になったあと、スニダンからはあくまでも“購入者”に向けた謝罪の連絡があったぐらいです。

この続きを読むには…
残り987⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。