ファッション

アトモスCEO・本明秀文のスニーカーライフ「ジレンマ」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明CEOに聞く連載。世界一のスポーツメーカー、「ナイキ(NIKE)」の直営店舗数(アウトレットなどを除く)は日本にわずか5店舗(計上方法によって異なる)。20店舗以上構える「アディダス(ADIDAS)」と比べてもあまりに少ない。そんな「ナイキ」が店舗を増やすのでは?という噂がスニーカーヘッズの間でささやかれている。今回は店舗の重要性と、そこから見えてきたスポーツメーカーのジレンマについて。(この記事はWWDジャパン2022年4月25日・5月2日合併号からの抜粋です)

――「ナイキ」が直営店舗を北九州と横浜に出すようですね。これから出店拡大を進めるんでしょうか?

本明秀文CEO(以下、本明):ECだけだとウィメンズが売れないから、ウィメンズのセールスを伸ばすために出店するのかもしれないね。だからスニーカーだけじゃなくてトータルで売りたいはずだよ。

――男性に比べて女性はハイプスニーカーにあまり興味がないですからね。

この続きを読むには…
残り1317⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら