ファッション
連載 本明秀文のノットスニーカーライフ

アトモスCEO・本明秀文のスニーカーライフ「知見があれば」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやをアトモスの本明秀文CEOに聞く連載。ブームに暗雲が立ち込めながらも、好調を維持するアトモス。しかし不況の波は確実に押し寄せ、スニーカー業界だけでなく、日本全体を飲み込もうとしている。わらにもすがる気持ちで流行に便乗しても、タイミングを見誤れば、ただただ自分たちの首を絞めることになる。正しい道を見極める方法は、常に学びを怠らないこと。バイブスも大事だけど、世の中の知見を得よう。(この記事はWWDジャパン2022年7月11日号からの抜粋です)

本明秀文CEO(以下、本明):いろんなメーカーやブランドがむやみやたらとゴルフ市場に参入したせいで、すでに飽和状態らしい。少し前までクラブのシャフトが足りなかったのに、今は逆に余りまくっているって。コースに出るってなると1日潰れるし、車も必要だから、ある程度お金を持っていないとできない。そうするとふるいにかけられるから、本当にそんなにゴルフ人口っているの?と思うよね。はやっているんだとは思うけど。

――頭打ちですかね。毎日できないんで、ウエアも2〜3着あれば十分でしょうし。

本明:毎朝歩いているから分かるんだけど、ゴルフに行く人は、大体5時頃に誰かの車にピックアップしてもらっているわけ。1年ぐらい前は確かにそういう人が多かったんだけど、コロナが明けてから減ってきた。元からゴルフブランドをやっているところや早めに参入したところは伸びたかもしれないけど、この過当競争に参戦して果たして戦っていけるのかな?

この続きを読むには…
残り1039⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。