ファッション
連載 本明秀文のノットスニーカーライフ

アトモスCEO・本明秀文のスニーカーライフ「東大生とメシ」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明CEOに聞く連載。先日、日本ベンチャーカンファレンス(代表理事:鈴木ゆりえ)が主催する、現役東大工学部生と経営者の交流会「東大メシ」にゲスト出演した本明さん。文字通り、食卓を囲んで東大生の面々と約2時間話す会だったが、参加者のほとんどは学生起業家だ。本明さんは若き経営者に何を語ったのか?今回は「東大メシ」の現場から、ビジネスに大事なことを考える。(この記事はWWDジャパン2022年5月30日号からの抜粋です)

本明秀文CEO(以下、本明):会社を売却してから講演の依頼が増えた。なんだか文化人みたいな扱いを受けちゃうというか、みんなビジネスのヒントが欲しいんだね。「東大メシ」に呼ばれて現役の東大生と実際に話したんだけど、あんなにたくさんの学生起業家がいるとは思わなかった。みんな意欲的で真面目だったね。

——そうですね。そもそも、なぜ「東大メシ」に?

本明:スニーカーのコミュニティーを広げるためにアトモスでもメタバースを作ることにしたんだけど、「東大メシ」を企画している(鈴木)ゆりえちゃんがメタバースについて詳しいから相談していたんだよ。その流れで「東大メシ」に参加した。メタバースの制作を業者に頼むと2500万円もかかるのに、彼女たちだと1000万円でできる。「なぜ?」って聞くと、手を動かしているのが東大や早稲田を休学している人たちだからだと。中には高校生もいるんだけど、むしろ高校生の方がセンスがいい。だから昔と今じゃ、全く常識が変わってきている。コルクの佐渡島(庸平)さんと話したときも、「今は新海誠監督と同じくらい絵がうまく描ける高校生もいる」と。だけど、“ストーリーを書ける人”が全然いないんだって。

——なるほど。最近はブランドのビジュアルブックくらいだと、PRや広告代理店が編集者を介さず、直接作るパターンが増えました。だから、画作りは意外と簡単なんだと思います。中身があるかは分かりませんが。将来的にはイマジネーション以外はAIに置き換わるんでしょうね。

この続きを読むには…
残り829⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。