ファッション

「トム ブラウン」が「FCバルセロナ」とパートナーシップ締結 選手が移動時に着用するスーツを提供

 「トム ブラウン(THOM BROWNE)」は7月17日、アルゼンチン代表のリオネル・メッシ(Lionel Messi)やクロアチア代表のイヴァン・ラキティッチ(Ivan Rakitic)らを擁するスペインのフットボールクラブ「FCバルセロナ(FC BARCELONA以下、バルサ)」とのパートナーシップ締結を発表した。2018-19シーズンからの3年間、オフフィールド用のフォーマルウエア・ユニホームとしてブランドのアイコニックなテーラードスーツを提供。主に、「バルサ」が所属するスペインのフットボールリーグ、リーガ・エスパニョーラのアウェイマッチや、欧州最高峰のクラブを決めるUEFAチャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)での移動時に着用する。

 「バルサ」はイタリアのデニムブランド「リプレイ(REPLAY)」と14-15年から4年間にわたりフォーマルウエアやカジュアルウエアを提供するオフィシャルスポンサー契約を締結していたが、ラグジュアリーブランドと協業するのは、1899年のクラブ創設以来初めて。

 パートナーシップの締結にあたりトム・ブラウン=デザイナーは、「ユニホームにはクラブが一丸となる力がある。そして、トップアスリートは優れたロールモデルであり、ユニホームを着ている彼らが若い世代によい影響を与えてくれるはずだ」とコメントしている。

 なお、「バルサ」のユニホームはナイキ(NIKE)が手掛けており、17-18年から楽天がメーンスポンサーを務めている。また、「バルサ」とライバル関係にある「レアル・マドリードCF(REAL MADRID CF)」は、「ヒューゴ ボス(HUGO BOSS)」が16-17年から衣装提供している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら