ファッション

「ナイキ」が手掛けるサッカー・ナイジェリア代表のユニホームに300万件の注文殺到

 6月14日に開幕する2018年FIFAワールドカップ ロシア大会(2018FIFA World Cup Russia以下、W杯)に合わせて発売されたサッカー・ナイジェリア代表のユニホームが話題だ。

 「ナイキ(NIKE)」が今年の2月に発表した同ユニホームは、1994年にナイジェリア代表がW杯で初勝利した際のユニホームにオマージュを捧げたもの。発表当初からユニホームとは思えない高いデザイン性とデイリーユースでも使えるラインアップが注目を集めた。またナイジェリアにルーツを持つグライムMCのスケプタ(Skepta)やラッパーのウィズキッド(Wizkid)らが着用するなどしてさらに話題となり、発売までに300万枚以上の注文が殺到。発売当日の1日には「ナイキ」ロンドン店に長蛇の列ができた。

 アイテムはナイジェリア国旗に用いられている緑を基調とし、メーンテーマに代表選手の愛称“スーパーイーグルス”から着想したフェザーパターンを採用している。ホームユニホームやジャケット、バケットハットにはこのフェザーパターンが全体にプリントされ、トラベルスーツにはナイジェリア風の花柄があしらわれるなど、ピッチ内外でも目を引くデザインに。一方でアウェーユニホームは濃い緑一色のシンプルなデザインだ。また、アイテムの随所に「新しいナイジェリア」を意味する“NAIJA”の文字がプリントされており、初のベスト16突破を目指す思いが表れている。W杯では17日にクロアチア代表、23日にアイスランド代表、27日にアルゼンチン代表と対戦する。

 同ユニホームは、2日にロンドンで行われた対イングランド戦で初披露されるも、前半で2点を失い、「アーセナルFC(Arsenal FC)」に所属し同コレクションのモデルも務めたアレックス・イウォビ(Alexander Iwobi)の健闘もむなしく2-1で敗れている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら