ファッション

「ナイキ」がヴァージル・アブローとキム・ジョーンズとのフットボール・コレクションを発表

 「ナイキ(NIKE)」は6月14日から開催される2018年FIFAワールドカップ ロシア大会(2018FIFA World Cup Russia)に合わせ、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」メンズ・アーティスティック・ディレクターと、キム・ジョーンズ(Kim Jones)「ディオール オム(DIOR HOMME)」クリエイティブ・ディレクターそれぞれとコラボレーションしたフットボール・コレクションを発表した。

 「フットボールが素晴らしいのは、“フットボールらしさ”という美学が存在することだ」とヴァージルが話すコレクション“FOOTBALL, MON AMOUR”では、ユニホームジャージー、Tシャツ、ソックス、サッカーボール、スニーカーなどをラインアップする。コレクションのデザインの基となったスニーカー“フライニット ズーム フライ(FLYKNIT ZOOM FLY)”は、「ボールを蹴る時に、どこで蹴るかを目で見てわかるようにしたかった」とインサイドやアウトサイドの要所要所に大きくドットがプリントされている。また、チェコ代表のユニホームからインスピレーションを受けたというユニホームジャージーの胸にあしらわれた国章のライオンの足元にも、サッカーボールを模したドットが施されるなど、ヴァージルらしい遊び心あるデザインが特徴だ。価格帯は7000〜5万円。

 “FOOTBALL REIMAGINED”と名付けられたキムのコレクションは、ヴァージルとは対照的に黒を基調としたシンプルなデザインのジャージーやTシャツ、ショーツ、スニーカーがそろう。コレクションの中でも目を引くスニーカーは「DIYと自分が好きなパンクを意識した」と、フットボール用スパイク“マーキュリアル(MERCURIAL)”“フットスケープ(FOOTSCAPE)”“バンダル(VANDAL)”“エア マックス 97(AIR MAX 97)”の4モデルをハイブリッドしてデザインされている。価格帯は2万〜4万5000円。

 販売はキムの“FOOTBALL REIMAGINED”が7日から、ヴァージルの“FOOTBALL, MON AMOUR”が14日からで、「ナイキ」公式サイトやナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)などで取り扱う。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら