ファッション

「ナイキ」がヴァージル・アブローとキム・ジョーンズとのフットボール・コレクションを発表

 「ナイキ(NIKE)」は6月14日から開催される2018年FIFAワールドカップ ロシア大会(2018FIFA World Cup Russia)に合わせ、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」メンズ・アーティスティック・ディレクターと、キム・ジョーンズ(Kim Jones)「ディオール オム(DIOR HOMME)」クリエイティブ・ディレクターそれぞれとコラボレーションしたフットボール・コレクションを発表した。

 「フットボールが素晴らしいのは、“フットボールらしさ”という美学が存在することだ」とヴァージルが話すコレクション“FOOTBALL, MON AMOUR”では、ユニホームジャージー、Tシャツ、ソックス、サッカーボール、スニーカーなどをラインアップする。コレクションのデザインの基となったスニーカー“フライニット ズーム フライ(FLYKNIT ZOOM FLY)”は、「ボールを蹴る時に、どこで蹴るかを目で見てわかるようにしたかった」とインサイドやアウトサイドの要所要所に大きくドットがプリントされている。また、チェコ代表のユニホームからインスピレーションを受けたというユニホームジャージーの胸にあしらわれた国章のライオンの足元にも、サッカーボールを模したドットが施されるなど、ヴァージルらしい遊び心あるデザインが特徴だ。価格帯は7000〜5万円。

 “FOOTBALL REIMAGINED”と名付けられたキムのコレクションは、ヴァージルとは対照的に黒を基調としたシンプルなデザインのジャージーやTシャツ、ショーツ、スニーカーがそろう。コレクションの中でも目を引くスニーカーは「DIYと自分が好きなパンクを意識した」と、フットボール用スパイク“マーキュリアル(MERCURIAL)”“フットスケープ(FOOTSCAPE)”“バンダル(VANDAL)”“エア マックス 97(AIR MAX 97)”の4モデルをハイブリッドしてデザインされている。価格帯は2万〜4万5000円。

 販売はキムの“FOOTBALL REIMAGINED”が7日から、ヴァージルの“FOOTBALL, MON AMOUR”が14日からで、「ナイキ」公式サイトやナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)などで取り扱う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。