ファッション

「マルニ」創業デザイナーの娘が家族で新ブランドを立ち上げ

 2016年に「マルニ(MARNI)」を去ったコンスエロ・カスティリオーニ(Consuelo Castiglioni)創業デザイナーの娘、カロリーナ・カスティリオーニ(Carolina Castiglioni)が新ブランド「プラン C(PLAN C)」を立ち上げる。デビューコレクションとなる2019年春夏コレクションは6月に披露される予定だ。

 「マルニ」でスペシャルプロジェクト・ディレクターを務めていたカロリーナがクリエイティブ・ディレクターを務め、カロリーナの父、ジャンニ・カスティリオーニ(Gianni Castiglioni)が最高経営責任者(CEO)を、カロリーナの兄弟のジョバンニ・カスティリオーニ(Giovanni Castiglioni)がオペレーション・ディレクターをそれぞれ務める。ハイエンドマーケット向けに、全てイタリアで生産したウエア、ニットウエア、アクセサリーなどをそろえたコレクションを年に2回発表する。

 「プラン C」の本社はミラノのヴィスコンティ・モロドネ通りに位置するが、この場所はカロリーナの曽祖母が1960年代前半に毛皮メーカー、シーウィーファーズ(CIWIFURS)を立ち上げた場所で、シーウィーファーズの商品の幅を拡大させるべく、ジャンニとコンスエロが94年に立ち上げたブランドが「マルニ」だ。当初は毛皮のみの展開だったが、96年から布帛やニット、アクセサリーを加えたコレクションをミラノで発表。カラフルなプリントやバラエティー豊かなテクスチャーを融合させたピースで知られていた。

 「マルニ」は2015年に「ディーゼル(DIESEL)」「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIERA)」などを擁するOTBによって買収され、16年にカスティリオーニ創業一家は同ブランドを去った。現在は「プラダ(PRADA)」出身のフランチェスコ・リッソ(Francesco Risso)がコンスエロの後任としてクリエイティブ・ディレクターを、ステファノ・ビオンド(Stefano Biondo)がCEOを務めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。