ファッション

「マルニ」創業デザイナーの娘が家族で新ブランドを立ち上げ

 2016年に「マルニ(MARNI)」を去ったコンスエロ・カスティリオーニ(Consuelo Castiglioni)創業デザイナーの娘、カロリーナ・カスティリオーニ(Carolina Castiglioni)が新ブランド「プラン C(PLAN C)」を立ち上げる。デビューコレクションとなる2019年春夏コレクションは6月に披露される予定だ。

 「マルニ」でスペシャルプロジェクト・ディレクターを務めていたカロリーナがクリエイティブ・ディレクターを務め、カロリーナの父、ジャンニ・カスティリオーニ(Gianni Castiglioni)が最高経営責任者(CEO)を、カロリーナの兄弟のジョバンニ・カスティリオーニ(Giovanni Castiglioni)がオペレーション・ディレクターをそれぞれ務める。ハイエンドマーケット向けに、全てイタリアで生産したウエア、ニットウエア、アクセサリーなどをそろえたコレクションを年に2回発表する。

 「プラン C」の本社はミラノのヴィスコンティ・モロドネ通りに位置するが、この場所はカロリーナの曽祖母が1960年代前半に毛皮メーカー、シーウィーファーズ(CIWIFURS)を立ち上げた場所で、シーウィーファーズの商品の幅を拡大させるべく、ジャンニとコンスエロが94年に立ち上げたブランドが「マルニ」だ。当初は毛皮のみの展開だったが、96年から布帛やニット、アクセサリーを加えたコレクションをミラノで発表。カラフルなプリントやバラエティー豊かなテクスチャーを融合させたピースで知られていた。

 「マルニ」は2015年に「ディーゼル(DIESEL)」「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIERA)」などを擁するOTBによって買収され、16年にカスティリオーニ創業一家は同ブランドを去った。現在は「プラダ(PRADA)」出身のフランチェスコ・リッソ(Francesco Risso)がコンスエロの後任としてクリエイティブ・ディレクターを、ステファノ・ビオンド(Stefano Biondo)がCEOを務めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら