ファッション

ラテの色に彩られた「カフェ キツネ」初のアパレルコレクションが発売

 「メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)」が運営する「カフェ キツネ(CAFE KITSUNE)」は6月1日、初のアパレル・グッズのコレクションを発売した。「カフェ キツネ」と「メゾン キツネ」直営店、公式オンラインストアで取り扱う。

 アパレルは、カフェにちなんだラテの色を基調とし、“CAFE KITSUNE”のロゴをあしらったスエット(1万9000円)やTシャツ(7500円)をはじめ、キャップ(9500円)などシンプルなデザインのアイテムをそろえた。また、食器コレクションには、フランスの食器ブランド「デュラレックス(DURALEX)」の象徴的なグラス“ピカルディ(PICARDIE)”(1650円)が加わった。

 これらの他に、フランスの元インテリア・デザイナーのアリックス・デ・レニス(Alix D Reynis)とコラボレートしたプレート(約1万2000円)と、フランスの食器メーカー「アスティエ・ド・ヴィラット(ASTIER DE VILLATE)」とタッグを組んだ「カフェ キツネ」のテイクアウト用カップ(約1万1000円)もパリの直営店と公式オンラインストアで限定販売している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら