フォーカス

新生「マルニ」のウィメンズがデビュー

 先月のメンズ・コレクションに続き、「マルニ(MARNI)」のフランチェスコ・リッソ(Francesco Risso)新クリエイティブ・ディレクターが2017-18年秋冬コレクションでウィメンズのランウエイデビューを飾った。「フェミニンにフォーカスした」とフランチェスコが語るように、これまでよりも女性らしいシルエットが際立つアイテムが多いのが特徴だ。

 ショーはバルーンのように背中が膨らんだコクーンシルエットのジャケットやコートのシリーズでスタートしたが、主役はタイトなシルエットのドレスやスカート。ウールやサテン、ジャカード、ニットなど多様な素材と多彩な色柄で提案する。ドレスの上にブラトップを合わせるなど、彼がキャリアを積んだ「プラダ(PRADA)」のクリエイションをほうふつとさせる部分もある。「マルニ」のアイデンティティーの一つでもある柄はレトロなフラワーモチーフや幾何学模様をチョイス。ブランドのルーツであるファーはアルパカやビーバーに加え、エコファーも多く取り入れた。また、終盤に登場した梱包用のバブルラップ(透明のプチプチ)のように見えるドレスは、シルクナイロンで仕立てたもの。そんな一風変わった素材使いは面白いが、創業デザイナーのコンスエロ・カスティリオーニ(Consuelo Castiglioni)が築いてきたアート・フィーリングは薄まっている。

 「多様性」をキーワードの一つに挙げるフランチェスコは、今回のコレクションにさまざまなアイデアを盛り込んだ。しかし、一度に詰め込みすぎた印象は否めない。次はよりフォーカスしたコレクションを期待したい。

【関連記事】
■マルニのコンスエロ・カスティリオーニ創業者が退任