ファッション

“楽天”の名を冠したFCバルセロナの新ユニフォームお披露目 SNSで賛否分かれる

 楽天と4年間のパートナー契約を締結したクラブチーム・FCバルセロナ(FC BARCELONA)が6月1日から使用する2017-18年シーズン着用のホームユニフォームを公式サイトでお披露目した。ユニフォームはネイビーを基調に、FCバルセロナの伝統的なストライプを全面的に採用。胸元中央の“Rakuten”が目を引くデザインだ。首元にはカタルーニャ地方の伝統旗である“サニェーラ(Senyera)”のイエローを取り入れ、袖の内側にスペイン語で“力”を表す“Forca”の文字を、左袖には“Barca”の文字を施している。

 素材は「ナイキ(NIKE)」の高機能素材“エアロスイフト(Aeroswift)”を用い、胸部にはフィット感を高めるため、幾何学パターンの編み込みをしてある。また、袖の内側にはボルドーのストライプが入っており、運動時に換気機能を最大化する役割を担う。パンツのサイドにも同様に換気機能を備えたボルドーのストライプが入っている。

 所属するネイマールは、「新しいユニフォームにはこれからのシーズンに向けての期待と自信を感じる。いかにも現代的なルックスと着心地だ」とコメントしている。なお、ユニフォームは今後「ナイキ」のオンラインストアとクラブ公式ショップで販売予定だ。

 スポンサーとしてFCバルセロナのユニフォームに日本企業名が載るのは初めてで、SNSではすでに話題となっている。「ダサい」「どうせなら漢字が良かった」などと批判的なコメントがある一方で、「日本企業の名前が載るのは感慨深い」「意外とかっこいい」と、ファンの間でも賛否両論の様子だ。

 楽天は17-18年シーズンから4年間、グローバルでのメインパートナーに加えて、グローバル イノベーション&エンターテインメント パートナーとして、クラブをサポートする。契約金額は年間5500万ユーロ(約67億6500万円)。三木谷浩史・楽天社長は、「ファンに喜ばれるような新しい取り組みを検討する。メッセージングサービスやドローン、eコマース、AIなどの最新テクノロジーを活用し、これまでにないサービスやエンターテインメントを提供したい」とコメントしている。具体的には同社が手掛けるメッセージングアプリ「バイバー(Viber)」をファンとの公式コミュニケーションツールとして用いていくことなどを発表している。

 なお、FCバルセロナは1899年のクラブ創立から100年以上、スポンサー名をユニフォームに入れてこなかったことでも知られる。2006〜11年にCSR(企業の社会的責任)の一環としてユニセフ(UNICEF)のロゴを初めて胸部分に取り入れ、11〜13年にカタール財団(Qatar Foundation)がスポンサーとしては初めて胸部分にロゴを掲出した。その後、13〜17年にカタール航空(Qatar Airways)が胸スポンサーにロゴを掲出、楽天は胸スポンサーとしては3社目の企業となる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら