ファッション

「ナイキ」が故コービー・ブライアントの功績を称える“マンバウイーク”をスタート コラボスニーカー“コービー 5 プロトロ”も

 「ナイキ(NIKE)」は、今年1月にヘリコプターの墜落事故により死亡した元NBAのスーパースター、コービー・ブライアント(Kobe Bryant)の功績を称える週間“マンバウイーク(MAMBA WEEK)”を8月23日にスタートする。コービーと次女のジアーナを記念する「マンバ&マンバシータ・スポーツ財団」に100万ドル(約1億円)の寄付を行うほか、フットウエアコレクションやコラボアイテムなど、いくつかの施策を用意した。

 フットウエアコレクションは全4足を用意。米・ロサンゼルス発のスニーカーショップ「アンディフィーテッド(UNDEFEATED)」とコラボした2足セットのスニーカーパック“コービー 5 プロトロ UNDFTD-PACK(KOBE V PROTRO UNDFTD-PACK)”(3万9000円)は、1996年のドラフトでコービーの指名を見送った12チームのカラーを組み合わせたものと、ドラフト指名された後すぐに、ロサンゼルス・レイカーズ(LOS ANGELES LAKERS)へのトレードを行ったチームの色を取り入れたホワイトベースのクリーンな一足だ。両者は2019年にもコラボを行い、スニーカー“ズーム コービー 4 プロトロ”を発売している。

 そのほか、自身5回目の優勝から10年を記念したもので、アッパーには2009-10シーズンの功績をタトゥーのようなスタイルで表現した“コービー 5 プロトロ 1/2”(2万2000円)、2、3度目の優勝の後に贈られた記念のジャケットに着想し、アッパーはパープルとブラックを主にゴールドで1アクセントを加えたパテントレザーが特徴の“コービー 5 プロトロ”(1万8000円)をそろえる。“コービー 5 プロトロ 1/2”は26日に、“コービー 5 プロトロ”は25日に、それぞれ公式アプリ「NIKE SNKRS APP」と一部店舗で販売する。

 またコービーが17年に手掛けたユニホーム“ブラックマンバ”をベースに製作した“レイカーズ・シティ エディション”を8月28日に発売する。ブラックのスネークスキンのプリントを全面に施し、16個の星をサイドパネルにあしらった。コービーが背負い永久欠番となった「8」と「24」をフロントとバックに配した。 価格は1万3000円。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら