ファッション

「ルイ・ヴィトン」が創業者の生誕200周年プロジェクト BTSやNIGO®も参加

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」はこのほど、創業者であるルイ・ヴィトンの生誕200周年を祝うプロジェクト“LOUIS 200”を発表した。

 同プロジェクトは、8月4日に生誕200周年を迎えた創業者ルイの人生や、彼が後世に遺したものに焦点を当て、さまざまな媒体や世界中のクリエイターとのコラボレーションを通じて表現するもの。ブロックチェーン技術を採用したゲームアプリをはじめ、200人のクリエイターたちがトランクに再解釈を加えたウィンドウ・ディスプレイ、美術家のアレックス・カッツ(Alex Katz)が描く大規模な三連画、作家のキャロリーヌ・ボングラン(Caroline Bongrand)によるルイの人生をつづったフィクション小説、ルイの生き様を回顧する初のドキュメンタリーといった多彩な企画を用意する。

 ゲームアプリ「ルイ ザ ゲーム(LOUIS THE GAME)」は、14歳でフランス・ジュラ地方の故郷を旅立ち、2年の歳月をかけて徒歩でパリにたどり着いた、ルイの旅に着想。ブロックチェーン技術を採用し、NFT(非代替性トークン)アートが30作品含まれており、6つの架空の世界を舞台に、メゾンのマスコット“ヴィヴィエンヌ”が目的地を目指して長い旅をする。ゲームはApp StoreおよびGoogle Playからダウンロード可能。

 ウィンドウ・ディスプレイ プロジェクトでは、ルイが1850年代に開発したトランクの原型に近い50×50×100cmのボックスをキャンバスに見立て、200人のクリエイターたちが創造性を発揮した。参加したのは、アーティストのジャン=ミシェル・オトニエル(Jean-Michel Othoniel)、クリエイティブ・ディレクターのウィロ・ペロン(Willo Perron)、NIGO®、宇宙飛行士のアリッサ・カーソン(Alyssa Carson)、BTSら。店舗ごとに異なるフォーマットで、8月から順次登場する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら