ファッション

「ルイ・ヴィトン」がBTS出演のスピンオフショーを公開 9階建てタワーのセットで

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、7月16日に予定している2021-22年秋冬メンズ・コレクションの発売に合わせ、アンバサダーのBTS(防弾少年団)を起用したスピンオフショーを7日に公開した。BTSがそれぞれ着用した7つのルックは1月に発表された同コレクションのものだが、ショーに登場した41ルックのうち34ルックは、今回新たに披露された。

 韓国・ソウルで撮影された同映像は、ジョン・ゴウン(Jeon Gowoon)が監督。BTSのジミン(Jimin)、RM、SUGA、J-HOPE、V、ジョングク(Jungkook)、ジン(Jin)が順に登場して9階建てのタワーとそのほかのルックが立ち並ぶ中を探索するストーリーだ。BGMに使われたオリジナルのサウンドトラックは韓国出身のアーティスト、CIFIKA、NET GALA、キム・ケイト(Kim Kate)がそれぞれ制作した。映像は公開から2日で、ユーチューブ(YouTube)では約430万回、IGTVでは約120万回、ティックトック(TikTok)のダイジェスト版は約160万回再生されている。

 映像に登場したタワーについてヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)=メンズ アーティスティック・ディレクターは、「構造エンジニアの学位を取り、建築家になった自分がファッション・デザイナーになるとは思わなかった。ファッション・デザイナーとしても、エンジニアと建築の学位を使うとは思っていなかった。タワーのアイデアは自分の実験的アートの中から偶然に、セットには母校のロビーにもあったミースのチェアを置いた。不思議な偶然があるものだ」とインスタグラムで語った。

 このスピンオフショーは、「ルイ・ヴィトン」のメンズが昨年から行なっているシーズンにとらわれないコレクションへの移行やリアルのショーを世界各地で開催する“ヴォヤージュ(VOYAGE)”という試みの一環。世界各地の顧客とのコミュニケーションという目的のほか、ヴァージルが大切にする多様性と団結という価値観の象徴として、これまで上海と東京でも21年春夏メンズのランウエイショーを行っていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。